月刊『連合』

 

最新号紹介

目次
02
連合2018春季生活闘争中央討論集会
すべての労働者の立場にたって働き方を見直そう
「底上げ・底支え」「格差是正」でクラシノソコアゲ
11月1日〜2日、連合は2018春季生活闘争中央討論集会を開催。闘争方針策定に向けた議論のたたき台となる「基本構想」をもとに、2つの分科会と全体会での活発な討議を通して、「賃上げの重要性」を再確認した。2018春季生活闘争方針は、この討議を踏まえ、12月5日の中央委員会で決定される。
■主催者挨拶
神津里季生 連合会長
04
■基本構想提起
冨田珠代 連合総合労働局長
05
■分科会報告と全体討論
06
■2018春季生活闘争方針決定に向けて― 討議ポイント
相原康伸 連合事務局長
08
持続可能な社会の実現に向けて!
「労使で取り組む責任投資シンポジウム」を開催
連合は9月20日にシンポジウムを開催。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)における責任投資の導入など最近の動向を共有し、次なる課題である企業年金における責任投資の導入に向けた課題を探った。
11
気になる数字、斜め読み[46]
鈴木不二一 働く文化ネット理事
12
続シリーズ 2035社会を考える[最終回]
これからの労働組合の課題と労働運動のあり方
藤村博之 法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
14
2035年に向けた子ども・子育て・両立支援政策のあり方
永瀬伸子 お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授
16
なぜ? ナゼ? まるわかり教室
企業規模間賃金格差
18
篠田教授の「労働文化」耕論 [59][最終回]
篠田 徹 早稲田大学社会科学総合学術院教授
20
全国各地 ユニオニオンが行く![9]
JILAF(国際労働財団) 招へい事業
22
ワーキングピュアNEXT [5]
23
道幸せんせいとワークルールを学ぼう! [2]
道幸哲也 (一社)日本ワークルール検定協会 代表理事
24
連合版 オトナの社会科見学[75]
基幹労連 日新製鋼建材労働組合
26
パソコンの前でひとりごと[5]
朝比奈あすか
小説家
27
てんてこ広報室♪ [5]
簡単で効果大! SNS広告
今月の表紙
ユニオニオンの出張先はどこでしょう?