月刊『連合』

 

2020年10月号

目次
02
今、これから、私たちはつながる
#連合ネットワーク会員
Wor-Qワークスタート!
コロナ禍以前から増えていた「曖昧な雇用」で働く人たち。
コロナ禍で、そのセーフティネットの脆弱さが浮き彫りになった。
連合は、すべての働く仲間をまもり、つなぐために「#連合ネットワーク会員」制度を創設し、10月2日に専用サイトWor-Qを開設。
曖昧な雇用で働く人たちと緩やかにつながり、新しい運動を創り出していくチャレンジが、今始まる。
06
シリーズ
コロナ時代を考える vol.2
私たちは、この長期化するコロナ時代をどのように生きれば良いのだろうか。
連合主催「コロナ時代を考える 有識者との緊急勉強会」から「提言」をお伝えする。
■提言6/コロナ禍後の社会
猪木武徳 大阪大学名誉教授
■提言7/コロナ時代の社会運動のあり方
富永京子 立命館大学産業社会学部准教授
■提言8/COVID-19とジェンダー平等
林 陽子 弁護士
■提言9/コロナ時代とAIの役割
松尾 豊 東京大学大学院教授
■提言10/ウィズコロナ〜ポストコロナの経済
冨山和彦 株式会社経営共創基盤(IGPI )代表取締役CEO
11
国際労働運動の窓[15]
郷野晶子 ILO(国際労働機関)理事
12
気づこう、アンコンシャス・バイアス
真の多様性ある職場を
13
政策! サクサク! 検索!
「政策・制度 要求と提言」データベースにアクセスを!
14
ねえ、つながっちゃお!!
ゆにふぁん活動事例集[5]
日本若者協議会
「新型コロナの影響で働く悩みを抱える若者を労働相談に繋ぐ悩み相談プラットフォーム」
16
View Point #若者→労働組合[5]
室橋祐貴 日本若者協議会代表理事
18
若菜センセイに叱られる!?[7]
首藤若菜 立教大学経済学部教授
20
ちょこっとチャレンジ
ワークルール検定ドリル[8]
21
こころにホットたいむ with 弘子先生[7]
矢吹弘子 矢吹女性心身クリニック院長
22
連合版 オトナの社会科見学[99]
連合アタッシェ その[2]
24
パソコンの前でひとりごと[32]
朝比奈あすか 小説家
25
はたらく4コマ[7]
せらみかる
連合をポスターで表現してみた
by 若者たち
月刊『連合』
月刊『連合』のご紹介
バックナンバー
月刊『連合』
年間購読お申し込みフォーム
月刊『連合』
ご意見・ご感想フォーム
記事ダウンロード
連合ダイジェスト