多様性と包摂 Diversity & Inclusion

2020年6月12日
「多様性」と「包摂」、これは連合がめざす社会のキーワードだ。 コロナ禍で「分断」と「孤立」の課題が浮き彫りとなる中、私たちは改めて何をするべきなのか。様々なデータから探ってみた。 働く人々の多様化が進んでいる。同時に働き

施設や里親の下で育った若者たちをサポートする「若者おうえん基金」

2020年4月8日

「ゆにふぁん」とは、労働組合独自で展開しているボランティア活動や、地域でお付き合いのあるNPO・NGOなどと連携した活動を”見える化“して、個人の意思で活動に参加することや、物資や資金などを支援することができる仕組み。「支え合うこと、助け合うこと」をもっと身近に、そして社会に広げていく。第2回は、連合東京推薦の公益社団法人ユニバーサル志縁センターが運営する「若者おうえん基金」を紹介する。

「曖昧な雇用」の問題点が見えてきた!

2020年4月6日
約8割が不安を抱えて働き 半数が低い報酬や無理な注文などのトラブルに遭遇 雇用と自営の中間的な働き方や、業務委託、請負、フリーランスなど、従来の労働関係法令では保護の対象とならない「曖昧な雇用」で働く人が増えている。イン

偽装雇用か!?ベルコだけの問題じゃない!!

2019年8月27日

今回、本誌でお伝えしたいことは「会社組織の丸ごと偽装」。指揮命令の実態は通常の会社組織と変わらないのに、業務委託契約を濫用し、ほぼ全従業員を「個人請負」扱いにしてあらゆる労働法規の適用を逃れている。こんなやり方を許したら、日本の雇用社会は根底から破壊されるという危機感が広がっている。