トークショー “教えて、医療の摩訶不思議! 診療明細書って、なんだろう?”

2018年12月3日

病院での診療がお任せ状態になっていませんか?明細書のメリットは、診療内容がわかること。行われた治療や処方された薬がどういうものか自分で調べられます。また、セカンドオピニオンを求めたい時、これまでの治療を説明するのにも便利です。さらに、重大な薬の副作用などの問題が起きた時、自分がその投薬を受けたという投薬証明にもなります。

2020TOKYO 人をつなぐ夢をつなぐ パラリンピックものがたり~中村太郎 医師~

2018年11月16日

東京2020大会に向けてメディアの報道が増え、パラスポーツの認知度が高まり、物理的なバリアフリーは進んでいますが、心理的バリアは、いまだ根強く存在しています。ともに働き、ともに生きる社会をベースに、パラスポーツへの関心や認知度を高めていければと思っています。

過労死の根絶を!~労働組合の役割~ その1

2018年11月8日

勤勉であることは大事だが、それと過重労働は別の問題。健康を第一に考える価値観を定着させる意識改革が不可欠だ。勤務間インターバル制度の導入や未だに根強く残る「抑圧の移譲」という風土を変えるなど、一つひとつの積み重ねが、健康な社会をつくり、過労死ゼロ社会の実現につながるはずだ。

「連合エコライフ21」 新たなる大作戦!?その2~労働組合が「環境」に取り組む今日的意義~

2018年10月30日

世界中で、課題を解決する新しい仕組みをつくり、そこから新しいビジネスを生み出している、それこそが真に求める「変革」です。いろいろな業種の労働組合が情報交換し、パートナーシップを組んでいけば、きっと新しい社会の動きをつくり出すことができるはずです。

初!特別講義 @ 東京工業大学 東工大の学生と考えた 「働き方改革」2

2018年9月19日

東京工業大学特別講義後編。政府は『稼ぐ力』をフォーカスするが、共に重要なのは、『雇う力』を高めることだ。技術革新の最先端を担う皆さんにはこの機会に『技術』と『雇用』の関係に思いを巡らせてほしい。効率や利便性はもちろん大事。ただそれだけを追求し、働く人が置き去りにされては持続性ある社会と言えない。

2020TOKYO 人をつなぐ夢をつなぐ パラリンピックものがたり~オットーボック社~

2018年8月8日

私たちが、パラリンピックをサポートしているのは、何よりも、障がいを持った選手が、日々努力を重ね、困難に立ち向かい、最高のパフォーマンスを見せてくれるという、その感動を多くの人と分かち合いたいという思いからなんです。