国際労働運動の窓 Vol.6

2018年9月6日

第107回ILO総会での「仕事の世界における男女に対する暴力とハラスメント」に関する基準設定の委員会は、深夜近くまで議論が及ぶことがあった。今回の最も大きな議論は、勧告により補完される条約とするか、勧告のみとするかであった。条約への反対を表明した政府は米国のみ。また、日本政府は基準の内容が明らかでないので保留とした。この米国と日本政府の発言に対しては、労働者側からブーイングが起きた。

国際労働運動の窓 vol.2

2018年6月1日
カタールのカファラ制度とILOが果たした役割 総人口の88%が外国人労働者 中東諸国で広まっている「カファラ制度」をご存じだろうか? カファラ制度とは、カタールをはじめ中東諸国特有の労働契約制度のことであり、雇用者が保証

国際労働運動の窓 Vol.1

2018年2月15日
ILOと国際労働運動 連載スタートにあたり 縁あってゼンセン同盟(当時)の国際局に入局して以来、国際労働運動に36年間従事してきた。と言っても、最初の10年ぐらいは何もわからず、ともかく翻訳等使い走りの仕事であった。私の

人をしつこくいじる人は、まともではない:パソコンの前でひとりごと

2018年1月19日

今あなたが職場でいじられていて、それが嫌なら、不機嫌になっていいと思います。あなたがよく人をいじるのなら、自分にそれだけの技量があるのか考えてみて下さい。「いじり」ほど、想像力と思いやりのいる高度な“コミュ力”を、本当にお持ちですか?

怒りの声を国会にぶつけて政権の暴走を阻止しよう!

2015年9月17日

怒りの8.23大行動では多くの人が集まり、今の政権に対して激しく抗議を行った。派遣法改正案が可決してしまった今、安全保障法制については「NO」の声を突き付けようと語る神津事務局長。その他、広島で行われた平和集会と、暑く盛り上がった甲子園高校野球について触れたコラム(月刊連合2015年9月号)より抜粋。

この危機を止められるのは世論の力しかない

2015年8月6日

派遣法改悪法案に続き、安保関連法案も世論に背いて衆議院で採決を強行したこの暴君ぶりを止めれるのは世論しかいないと語る連合事務局長。その他来夏から始まる18歳の選挙権に触れた月刊連合8月号に掲載「神津里季生のどまんなか直球勝負!」より編集。