Latest News

これからが本番の“底上げ春闘”!キーワードは持続性・月例賃金・広がり・底上げ

2016年4月7日
神津会長のフルスイングで行こう

今年の春闘は、すべての働く人たちに「賃上げの輪」を広げることができるかが最大のポイントだ。連合・構成組織・地方連合会が一体となって行う「広がり」「底上げ」の実現に向けての取り組みにふれた月刊連合2016年4月号に掲載された「神津会長のフルスイングで行こう!」より抜粋。

税金3万円の「ねじれバラマキ」で「日本死ね」が止まらない

2016年3月28日

現在の政治問題にもっと目を向けてもらおうと、連合では人気動画サイト「YouTube」で新しい試みを始めました。その名も近未来型報道番組『ほどほどステーション』 。クールビューティキャスター・クリスと、おとぼけ解説者・エルナーラが、どこかで聞き覚えがあるテーマを軽快なテンポで分かりやすくお届けします。

日本のプロ野球を守ったものは? 〜そこに労働組合の原点がある〜【「日本プロ野球選手会」結成30周年特別対談①】

2016年3月24日

2015年、結成30周年を迎えた日本プロ野球選手会は、もっとも歴史ある「個人事業主」からなる労働組合だ。結成30周年を記念し、労働組合の原点について日本プロ野球選手会事務局長 森忠仁氏と神津会長が語り合った。

非正規職員のおよそ7割が年収200万円以下【非正規労働者の処遇改善】

2016年3月17日

いまや働く人の4割が非正規労働者だが、実は自治体で働く人の3人に1人が非正規の臨時・非常勤等職員という実態だ。非正規で働く人達なくしては公共サービスが成り立たないにもかかわらず、労働条件は低く、雇用が不安定と言える。そんな現状を自治労臨時・非常勤等職員全国協議会の前田克子副議長に聞いた。

ブラック企業に泣かされない! 「ワークルール検定」で自分を守ろう

2016年2月25日

「これってブラック企業じゃないの?」と悩んだときに、ワークルールをきちんと知っていれば問題を未然に防いだり、解決することができます。5月22日には全国で初級検定、中級検定が実施されますので、ぜひこの機会にワークルールを勉強してみてはいかがでしょうか。

知らなかったでは困る!労働条件をしっかり確認しよう【働くみんなのワークルール】

2016年2月19日

求人広告と実際の給与が異なっていたり、就業規則がないと言われたり。働き始めてから「知らなかった」で困るのは自分自身です。採用後のトラブルを防ぐために、きちんと労働契約・就業規則を確認しておきましょう。