7つの絆

 

ウクライナへの救援カンパ

救援カンパ受付中

 ウクライナでは、2022年2月から軍事行動が開始され、多くの死傷者が発生しています。また、国内外への避難を強いられた人々は1000万人にも達するとされています。現在のこの状況は極めて深刻であり、多くの支援を必要としています。
 そのため、連合は、難民・被災者となったウクライナの人々のための救援カンパに取り組んでいます。

カンパ方法
連合・特設口座への振り込み
  • 振込先:中央労働金庫 本店営業部 普通 0182991
  • 口座名:連合ウクライナ救援カンパ
  • ※全国の労金の窓口から振り込む場合、振込手数料は免除
    (他行および労金ATM、インターネットバンキングからは減免不可)
ゆにふぁん・クラウドファンディング

ウクライナの人々に安心した生活を。想いをカタチに ~連合ゆにふぁん~

取り組み期間

2022年4月14日(木)~6月30日(木)まで
第一次集約:2022年5月25日(水)
最終集約:2022年6月30日(木)
 ※最終集約日までに着金するようお振込ください。

拠出先

お寄せいただいたカンパ金は、人道支援に取り組む下記の2団体に拠出します。

国連UNHCR協会
国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口である。UNHCRの活動資金は、各国政府からの任意の拠出金ならびに民間からの寄付金に支えられているが、もっと広く民間からも支えていこうという機運が世界的に高まり、日本では2000年10月に、民間の公式支援窓口として、特定非営利活動法人国連UNHCR協会が設立された。現在、「ウクライナ緊急支援(寄付)」を実施中。
※ウクライナでの緊急支援に必要な資金が確保できた場合、皆様からのご支援は、世界各地で避難を余儀なくされている人々への救援支援に充てさせていただきます。
日本ユニセフ協会
日本ユニセフ協会は、現在先進国を中心に33の国と地域に設置されているユニセフ協会(国内委員会)の一つである。各国内委員会は、ユニセフ本部との協力協定に基づき、募金活動、広報活動、アドボカシー活動(政策提言)に取り組んでいる。現在、「ウクライナ緊急募金」を実施中。
周知器材
クラウドファンディング ちらし
バナー(連合ホームページ用)
バナー(クラウドファンディング用)