7つの絆

 

メーデー

第93回メーデー中央大会(2022年)
第93回メーデーポスター図案募集

 第93回メーデーのポスター図案を公募いたします。下記の要領にもとづいて、是非奮ってご応募ください。

Ⅰ.募集内容

 第93回メーデーのポスターとして、下記の内容をイメージできるもの。

  1. (1) すべての働く仲間が結集した「働くことを軸とする安心社会」の実現。
  2. (2) 社会におけるジェンダー平等の実現と多様性の確保。
  3. (3) 支え合い・助け合いを基本とした社会のうねりを呼び起こす運動の推進。
  4. (4) コロナ禍からの回復、「誰一人取り残されることのない」社会の実現。
  5. (5) NGO・NPOなど諸団体とのつながりや共感。
  6. (6) 被災地の復興支援、教訓を風化させない取り組みの継続・強化。

Ⅱ.応募資格

  1. (1) 連合組合員
  2. (2) 連合組合員の家族
  3. (3) 連合組合員のOB・OG(退職者も含む)

Ⅲ.応募締切

2022年2月17日(木)必着

Ⅳ.応募方法

1.応募作品

  1. (1) 1人1点に限ります。
  2. (2) 作画方法(手書き、データなど)は不問です。
  3. (3) 手書きの場合、用紙はB4版・縦型の画用紙またはケント紙といたします。
  4. (4) 応募者のオリジナルかつ未発表のものに限ります(商標権や著作権など知的財産権その他権利を侵害しないものに限ります)。
  5. (5) 応募に係る一切の費用は応募者でご負担ください。

2.応募方法

  1. (1) 郵便・宅配便・メールで下記までご送付・ご送信ください。

    宛先:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
    連合 連帯活動局 気付
    第93回メーデー中央実行委員会
    E-Mail:rentai@sv.rengo-net.or.jp

  2. (2) ご送付・ご送信の際、下記の6点を明記してください(手書きの場合は応募作品の裏面に記載してください。データの場合はメール本文に添付してください)。
    ①氏名、②住所、③電話番号またはメールアドレス、④所属労働組合名、⑤構成組織名または地方連合会名、⑥応募資格の区分(連合組合員、家族、OB・OG)

3.応募作品および個人情報の取り扱い

  1. (1) 応募作品は返却いたしません。
  2. (2) 最優秀作品および優秀作品について、著作権や使用権など一切の権利は第93回メーデー中央実行委員会に帰属いたします。
  3. (3) 最優秀作品および優秀作品について、応募者は著作者人格権を行使しないものといたします。
  4. (4) 最優秀作品は必要に応じて、一部補正を行う場合があります。
  5. (5) 第三者から応募作品に関する権利侵害や損害賠償などの主張がなされた場合、応募者は自身の責任で解決をはかるものとし、第93回メーデー中央実行委員会および連合は一切の責任を負いません。
  6. (6) 応募者の個人情報は連合のプライバシーポリシーにもとづいて取り扱い、第93回メーデーポスター図案公募以外の目的には使用いたしません。
  7. (7) 最優秀作品および優秀作品について、応募者の氏名(家族またはOB・OGの場合はその旨も)および所属労働組合名、構成組織名または地方連合会名を公表いたします。

Ⅴ.選考・発表

  1. (1) 第93回メーデー常任実行委員会委員の投票により選考いたします。

    最優秀作品 1点(賞金10万円、表彰状)
    優秀作品 2点(賞金各3万円、表彰状) ※最優秀作品は第93回メーデーポスター・リーフレットに使用いたします。優秀作品は第93回メーデーリーフレットに掲載いたします。

  2. (2) 最優秀作品および優秀作品は応募者の氏名なども含め、連合の中央執行委員会で発表いたします。
  3. (3) 選考に関する問い合わせにはご回答できません。

Ⅵ.問い合わせ先

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
連合 連帯活動局 気付
第93回メーデー中央実行委員会
TEL:03-5295-0513
E-Mail:rentai@sv.rengo-net.or.jp

第92回メーデー中央大会(2021年)

 

第92回メーデー中央大会は、2021年4月29日(木・祝)10:30~11:00、YouTube でのライブ配信により、オンライン開催いたしました。是非、ご覧ください。

中央式典動画
当日ライブ配信アーカイブ動画
第92回メーデー中央大会出展者紹介

 新型コロナウイルス感染拡大の観点から、各種協賛団体によるブース出展は中止となりましたが、出展を予定されていた団体の活動を紹介します!ぜひご覧ください!!

第91回メーデー中央大会(2020年)
(1)第91回メーデー中央大会(歴史編)

2020年は、1920年5月2日に日本の第1回メーデーが東京・上野公園で開催されてからちょうど100年。
日本のメーデー100年にあたり、メーデーの歴史に関する動画をお送りいたします。

【内容】
メーデー100年の歴史、
全国各地のメーデーの様子、
働く現場の姿とメッセージ、など
(2)第91回メーデー中央大会(当日編)

第91回メーデー中央大会は4月29日(水・祝)10:30より、メッセージ配信によるウェブ開催といたしました。
日本のメーデー100年となる2020年の第91回メーデー中央大会。
これまで連合に集う仲間、そして連携するみなさんとともに祝ってきたこのメーデーを、すべての働く仲間、すべての方々に向けたメッセージを送る場として位置付けました。

【内容】
神津里季生・中央実行委員長メッセージ(全編)、
メーデー宣言、
がんばろう三唱、など
(3)第91回メーデー中央大会(総集編)

第91回メーデー中央大会は4月29日(水・祝)10:30より、メッセージ配信によるウェブ開催といたしました。
上記(2)の「第91回メーデー中央大会(当日編)」の要約版のほか、メーデー100年の歴史の要約版などをまとめ、「総集編」としてお送りいたします。

【内容】
神津里季生・中央実行委員長メッセージ(要約)、
メーデー宣言、
がんばろう三唱、
メーデー100年の歴史(要約)、など
メーデーとは

 5月1日のメーデー(May Day)は、古くからヨーロッパでは「夏の訪れを祝う日」とされ祝日とされてきました。
 一方で、低賃金と長時間労働に苦しめられていた米国の労働者がゼネラルストライキ(全国的な規模で行われる労働争議)を行ったのが1886年の5月1日で、彼らは翌年以降も5月1日にゼネストを実施。この動きが世界の労働組合に広まり、1890年5月1日に第1回国際メーデーが多くの国で開催されました。これが今に続く「労働者の祭典」としてのメーデーの起源となったのです。
 日本では1920年5月2日に第1回メーデーが東京・上野公園で開かれました。 第二次世界大戦中は政府により開催が禁止されましたが、戦後、労働組合の活動再開とともに再び開かれるようになり、日本の労働者の地位や労働条件の向上、権利拡大をはじめ、人権・労働基本権の確立、民主主義の発展、恒久平和の希求に深く貢献し、その役割を果たしてきました。現在のメーデーは、米国の労働者が労働条件の改善を訴えたその想いを受け継ぎつつ、働く仲間とお互いをねぎらい、たたえ合いながら、家族や地域の皆さんにも楽しんでもらえる一大イベントとして世界中で愛されています。

4万人を超える仲間が集まるメーデー中央大会

 連合は、毎年、私たち働く者たちの祭典「メーデー中央大会」を開催しています。近年の会場となっている東京・代々木公園には、連合の組合員をはじめ中央労福協、労金協会、全労済などの関係団体、NGO・NPOといった諸団体からおよそ40,000~50,000名の仲間が結集し、中央式典や各種イベントに参加しています。
 また、メーデーは各都道府県の地方連合会や地域協議会でも開催しており、地域に根ざした取り組みも行われています。