初めての労働問題でもよくわかるコラム

非正規雇用で働いているけど…

 
正社員・正職員にしか有休はないの?

 有休(有給休暇)とは、労働者の心身のリフレッシュを目的とした法律で決められた休暇のことで、所定労働日に賃金をもらいながら休むことができます。有休は、正社員・正職員だけでなく、パート・アルバイト・契約社員・派遣社員などの名称や働き方に違いがあっても、一定の条件を満たせば与えられます。

 その条件とは、次の2つを満たしていることです。

  • 6カ月間継続して勤務している
  • 決められた労働日数(所定労働日)の8割以上出勤している

 ただし、パートタイム労働者の場合、正社員などフルタイム勤務の社員と異なり、与えられる有休日数は、週当たりの労働日数や勤務年数に応じて変化します。
 ちなみに、「パートタイム労働者」とは、「同一の事業所に雇用される通常の労働者(いわゆる正社員)と比べて、1週間の所定労働時間が短い労働者」をさします。
つまり、「パート」という名称に限らず、アルバイト・契約社員・派遣社員なども、この条件を満たせば「パートタイム労働者」になります。
 なお、派遣労働者の場合は、派遣先企業ではなく登録をしている派遣会社が休暇時の賃金を支払うことになります。

 「有休を取りたい」と会社に相談しても、「パートに有休はない」「なぜ休むのか」と言われ、まともに取り合ってくれないという相談が連合にも多く寄せられています。中には、有給休暇の権利を主張しただけで解雇されるというケースも…。
 連合では労働相談の窓口を設けていますので、疑問や悩みがあれば、一度相談してみて下さい。

 ただし、労働者が休暇を取得することで、会社の正常な運営に支障をきたす場合は、会社(事業主)は有給休暇を他の時季に変更することができます。休むタイミングによっては、調整が必要となることもあるので注意しましょう。
 働く人たちみんなが気持ちよく休暇を取れるように、早めの相談や仕事の引き継ぎなどちょっとした気配りを忘れないことも大切です。