初めての労働問題でもよくわかるコラム

労働組合ってなに?

 
労働組合って?

 これから残業…という時に、「タイムカードを押して、退出したことにして」と言われる…。
仕事中のケガなのに、「ウチは労災に入ってないから…」と一蹴された…。

 このような、職場の「なぜ?」という出来事に遭遇した時、誰に相談すればよいでしょう? 仮に会社にかけ合ってみてもまともに相手にしてくれない、ひどい時は不当な扱いを受け、居心地が悪くなるということもあるようです。弁護士を立てて訴訟を起こすのはハードルが高いし、何か解決の糸口はないのだろうか…と、そうした時に頼りになるのが「労働組合」です。

 労働組合は「労働者が労働条件の維持や改善を目的に、自主的かつ民主的に運営する団体」です。ここでいう“労働者”とは、使用者(会社)から給与をもらって働く人をさします。
 労働者は団結し、要求実現のために使用者に交渉したり行動したりすることができます。これは労働者の権利として憲法28条で認められ、「労働組合法」によってその詳細が定められています。つまり労働組合があれば、1人では解決の難しい職場の「なぜ?」も、会社と交渉できるのです。

 ところで、労働組合をもう少し詳しく見てみると、“単組(たんそ)”と“産別”という言葉に出会います。この2つの違いは何でしょう?
 「単組」とは「単位組合」の略称で「企業別組合」ともいい、一般に同じ会社で働く労働者同士が集まった労働組合をいいます。それに対し、「産別」とは「産業別組織」の略称で、同じ産業分野の単組同士が集結したものです。例えば、自動車メーカーの単組が集まった“産別”、自治体職員の単組が集まった“産別”…、といった具合に、さまざまな分野の産業別組織が存在します。

産業別組織

 「単組」が自社の労働条件の改善や会社の行動チェックを行うのに対し、「産別」はそれぞれの産業全体に共通する、労働条件や産業政策の課題の改善に取り組みます。
 そして「連合」は、この「産別」により構成される労働組合の総本山。「安心して働き暮らせる社会の実現」に向け、組合員のみならず、日本の労働者の代表として活動しています。