初めての労働問題でもよくわかるコラム

「ベア」ってなに?

 
「ベア」ってなに?

 ニュースや新聞などで、「今年の春闘は、ベアが焦点」などといったフレーズを目にしたことはありませんか?

 ”ベア”とは、「ベースアップ」を省略した言葉です。つまり、「基本給(ベース)の水準を上げる(アップ)」ことをいいます。ここで注意したいのは、年齢や勤続年数に応じて基本給が上がる“定期昇給”とは全く別物だということ。年齢や勤続年数に関係なく、給与水準そのものを引き上げるのが「ベア」です。

 ベアは、景気による影響を大きく受けます。例えば、高度経済成長やバブル経済による好景気の時代は、毎年2~5%のベアが実施されていました。物価の上昇に合わせてベアを行うことで、労働者の生活が守られてきたのです。
 しかし、2000年代に入ると、景気の低迷やデフレの影響で多くの企業が組合のベア要求を拒否するようになりましたが、2014・15・16年は久々にベアが復活し、大手のみならず中小企業の底上げにつながる結果となりました。
 とは言え、中小企業の資金水準は相対的に低いままです。大手や業績の好調な産業だけでなく、中小企業や非正規雇用の賃金まで幅広くベアを含む賃上げが行われなければ、所得格差の拡大の原因にもなるのです。

春闘? メーデー?
テレビで聞くけど…
「春闘」ってなに?
「ベア」ってなに?
「メーデー」ってなに?