初めての労働問題でもよくわかるコラム

労働組合ってなに?

 
組合ってどんなことしてるの?

 中学校の公民の授業で教科書にも登場する、「労働組合」という言葉。いったい何をしているところなのか、ご存知ですか?

 本来、労働者(給与をもらいながら働く人)と使用者(企業や経営者)は、「どちらが上」ということはありません。しかし、労働者は使用者に雇われているため、対等な関係を築くのが難しいのが現実です。安い賃金で長時間働かせるなど、労働者の人権を無視した雇用が世界的にも問題になっています。
 日本の憲法や法律では、労働者が集団で使用者と交渉できる権利(「団体交渉権」といいます)を設けるなどして、労働者と使用者ができるだけ対等な関係になるよう工夫しています。労働組合とは、その「団体交渉権」を用いるための組織なのです。

 労働組合の最たる役割は、労働者と使用者のそれぞれの代表が、労働条件について話し合う“労使交渉”です。具体的には、労働契約の内容や賃金制度に始まり、残業のルールや待遇、職場環境の改善などさまざまです。
 労働者が安心して働けることで、意欲を持って労働力を提供できるようになれば、使用者にとってもプラスになるはずです。労使交渉は、使用者と雇用者の双方にとって大事な機能といえます。

 もちろん、労働組合の活動はそれだけではありません。働く環境の変化や働き方の多様化により、労働組合には新たな役割が求められています。
 例えば、組合員同士の交流機会の創出です。イベントやセミナーなどの開催を通じ、仕事や職場の枠を越えたつながりを生み出します。こうした機会は、組合員たちの働き方に対する考えや職場での悩みや課題などを汲みとる貴重な場でもあります。
 また、近年重視されるのが、労働組合の社会的責任(USR)です。企業が社会に対して責任を果たし、社会と共に発展を遂げることが望ましいとされるのと同様に、労働組合も活動を通じてよりよい社会をつくり上げていくという自覚が求められています。