国際活動

 

国際産業別労働組合組織(GUF)

9 組織からなる国際産業別労働組合

 国際産業別労働組合組織(GUF:Global Union Federations)は、労働組合の国際産業別労働組合組織の総称であり、国際労働組合総連合(ITUC)と連携をして活動を進める関係にあります。
 GUFは次の9の組織から成り立ち、連合の構成組織は関係する各国際産業別労働組合組織に加盟し、その多くで主要な役割を担っています。

GUFの9つの組織
  • 国際建設・林業労組連盟(BWI)
  • 教育インターナショナル(EI)
  • 国際芸術・芸能労組連盟(IAEA)
  • 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)
  • インダストリオール・グローバルユニオン(IndustriALL)
  • 国際運輸労組(ITF)
  • 国際食品関連産業労働組合総合連合会(IUF)
  • 国際公務労連(PSI)
  • UNI・グローバルユニオン(UNI)

 2000年に南アフリカのダーバンで開かれた第17回ICFTU世界大会で「ミレニアム・レビュー」が確認されたことを受けて、ICFTU、OECD-TUAC、GUFは連携した取り組みを強化することとし、三者の枠組みを「グローバルユニオン」と命名しました。
 そして、2006年11月にICFTU、WCL、そして国際労働組合組織に加盟していなかった8つの組織によりITUCが結成されたことに伴い、ITUC、OECD-TUAC、GUFの三者はより連携を強めるために、「グローバルユニオン評議会」を設置することに合意し、2007年1月に評議会の設置が実現しました。
 GUFの9組織のほとんどが、アジア太平洋に地域組織や地域事務所をもっており、アジア太平洋地域組織事務所を東京に置いている組織や、地域事務所の下に日本事務所を設置している組織もあります。