2016~2017年 スローガン

2020年までに「働くことを軸とする安心社会」を実現することを大きな目標としながら、この2年間は、労働運動のパワーをさらに高め、連合の考え方や取組みを積極的に発信していきます。

新たな社会をめざして

安心して働き、くらし続けるために。

就業者の9割を雇用者が占める日本では、雇用の質と安定こそが、経済の安定と成長に直結し、働く人の安心を生みます。連合は、春闘による賃金の底上げや格差社会の是正、雇用・労働政策の充実・強化などを図り、ディーセントワークの実現に取り組みます。

すべての働く人のための力強い運動の展開に向けて。

「連合なんでも相談ダイヤル」には、不当解雇や残業代不払い、セクハラなど、年間2万件に迫る様々な問題が寄せられています。連合は、これらの問題を解決していくには、働く人が支え合う職場づくりや、しっかりした労使関係を築くことが重要と考え、組合づくりを進めていきます。

政策実現力を高め働くことを社会の軸へ。

連合は、働く人、生活者の立場から、政府・政党などへ政策・制度について提言しています。最優先の課題は、東日本大震災からの復興・再生に向けた被災者の生活再建、被災地の産業再生などです。あわせて、政策パッケージを中心に「働くことを軸とする安心社会」の浸透に努めます。

社会の構造が変わり、非正規雇用の増加や、正社員であっても賃金格差が如実に現れるようになった今という時代だからこそ、「ストップ・ザ・格差社会」というスローガンは働く人たちに深く強く届くと信じています。格差を是正し、誰もがやりがいを持って仕事に向き合える社会をつくる。その先に、「働くことを軸とする安心社会」の実現があるはずですから。

ひとりでは解決できない問題も、労働組合なら力になれます。全国どこからでも、“働く”で困ったらお電話ください。

フリーダイヤル 0120-154-052 いこうよ連合に

※ 全国のどこからでも、かけた地域の「連合」にかかります。

  • 組合がないなら組合の作り方を知ろう 労働組合のつくり方
  • さらに詳しい情報はこちらから パンフレット ダウンロード

PAGE TOP