“働く”を支える。働く人のくらしを守る。 連合は、“働くことを軸とする安心社会”をめざしています。

労働組合ってどんな役割なの? 職場レベルの課題から社会的な問題まで解決する。それが労働組合です。

労働組合は、労働条件・職場環境の維持改善といった職場レベルでの課題はもちろん、労働法制、社会保障制度、経済政策など、様々な社会的問題も解決しています。常に働く人や生活者に寄りそう、それが労働組合なのです。

連合ってどんな組織なの? 連合は686万人の仲間が加盟する、労働組合のナショナル・センターです。

「連合」(日本労働組合総連合会)は、1989年に結成された日本のナショナル・センター(全国中央組織)です。加盟組合員は約686万人、すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています。

“働く”に関する不安や悩み、連合が解決します。

「セクハラ」「パワハラ」「不当解雇」など、職場に関するトラブルはますます複雑になり、
今では、誰もが他人事ではない状況になりつつあります。小さなストレスから大きな不安まで、
一人ひとりが抱える問題は様々。連合は、これまでも、そんな不安や悩みを抱えた多くの人々の力になってきました。

私の悩みはセクハラ
職場でのセクハラ、周りになかなか相談できなかった時、力になってくれたのが連合でした。
私の悩みはパワハラ
上司からの理不尽な命令、救ってくれたきっかけは、「なんでも労働相談ダイヤル」でした。
私の悩みは不当解雇
突然の解雇。不服を訴えても聞く耳をもたれない。そんな状況にも、連合が力になってくれました。
私の悩みは賃金不払い
会社からの賃金の遅延や不払いが頻繁に発生していた時、頼りになったのは、連合でした。
私の悩みは長時間労働
精神的にも肉体的にも限界を感じるような長時間労働、連合が相談にのってくれました。

ひとりでは解決できない問題も、労働組合なら力になれます。全国どこからでも、“働く”で困ったらお電話ください。

フリーダイヤル 0120-154-052 いこうよ連合に

※ 全国のどこからでも、かけた地域の「連合」にかかります。

  • 組合がないなら組合の作り方を知ろう 労働組合のつくり方
  • さらに詳しい情報はこちらから パンフレット ダウンロード

PAGE TOP