• ホーム
  • 女性活躍等に関する行動計画

女性活躍に関する取り組みについて

 
えるぼし

 連合本部は、女性活躍推進法にもとづく事業主行動計画を策定し、認定制度で最も高い評価の「3段階目」の「えるぼし」を取得しています。「えるぼし」とは、女性の活躍に関する取り組み状況等が優良で、厚生労働省大臣より認定を受けた事業主が表示できるマークです。
 連合は、男女ともに能力と個性を発揮できる「男女平等参画社会」の実現をめざし、労働組合における男女平等参画を推進しています。

 

女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づく
連合本部事務局第2次行動計画の策定について

連合本部事務局は、女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づき、2017年2月1日〜2019年3月31日の期間において第1次行動計画を策定した。
この度期間を終えるにあたり、2019年4月1日〜2021年3月31日の期間において第2次行動計画を策定する。

1.第2次行動計画期間:2019年4月1日〜2021年3月31日

2.当会の課題

課題1
役職員に占める女性割合と比較すると、管理職に占める女性割合が低い。
課題2
総合局によって男女比率が偏っている傾向が見られる。
課題3
両立支援制度の利用に男女で大きな差がある。
課題4
年次有給休暇取得率は、全体では70%を超えているものの、総合局によって偏りがある。

3.目標

目標1
管理職に占める女性割合を30%以上とする。
目標2
各総合局における女性割合と男性割合の差を40%以内とする。
目標3
男性の育児参画を促進するための取り組みを実施する。
目標4
年次有給休暇取得率を総合局ごとで70%以上とする。
目標5
上記目標に対しての意識改革を促すための研修会を実施する。

4.取組内容と実施時期

目標1
管理職に占める女性割合を30%以上とする。
  • 2019年4月から、引き続き構成組織等に対し、女性役員の積極的な派遣を要請。
  • 2020年10月から、管理職に占める女性割合30%達成。
目標2
各総合局における女性割合と男性割合の差を40%以内とする。
  • 2019年10月から、引き続きジェンダーバランス等に配慮した配属を検討。
  • 2020年10月から、各総合局における女性割合と男性割合の差40%以内を達成。
目標3
男性の育児参画を促進するための取り組みを実施する。
  • 2019年4月から、過去または現在で、両立支援制度の利用可能対象者に対して、取得しやすい環境であったかなどのヒアリングを実施。
  • 2019年8月から、ヒアリングを踏まえた課題解決の取り組みを検討。
目標4
年次有給休暇取得率を総合局ごとで70%以上とする。
  • 2019年10月から、年次有給休暇を70%以上取得できていない総合局に対して、目標が達成できていない理由の課題分析を行う。
  • 2021年3月までに、総合局ごとでの年次有給休暇取得率70%以上達成。
目標5
上記目標に対しての意識改革を促すための研修会を実施する。
  • 2019年10月から、上記目標の達成に向けた課題は相互に関連していることから、男女のキャリア形成に資する階層別研修や、意識改革を促すための一体的な研修会を順次実施する。

5.女性の活躍の現状に関する情報公表

項目1
採用した労働者に占める女性労働者の割合
:100%
項目2
男女の平均継続勤務年数の差異
:92.0%(女性14.1年、男性15.3年)
項目3
管理職に占める女性労働者の割合
:28.9%
項目4
労働者の一月当たりの平均残業時間
:6.88時間