労働組合をつくるには

労働組合づくりは決して難しくありません。
労働組合は労働者が自主的に団結して結成すれば、いつでもどこでも自由につくれます。「結成大会」を開催し、(1)「組
合規約」(2)「活動方針」(3)「予算」(4)「役員体制」を決定すれば、労働組合法で守られる労働組合です。組合づくりには、
専門のアドバイザー(オルガナイザー)がお手伝いしますから安心してください。

「労働組合」の条件(労働組合法第2条)

※使用者の利益を代表するものの参加および使用者から経費援助を受けているものは労働組合とみなしません。


労働組合づくりの流れ

step1

従業員の分析と加入活動

労働組合は2人からつくれますが、会社側との交渉は力関係で決まりますから、初めから少人数の組合にするのではなく、従業員の過半数を組織する組合をめざします。加入活動は原則として就業時間中は避け、信頼できる人から順番に、休憩時間や仕事帰りなどの1対1の雑談の中できっかけをつくっていきましょう。

会社側の分析

会社側の分析や情報収集も必要です。社長の性格、取締役や管理職の力関係、派閥、外部の人脈、顧問弁護士、メインバンク、主な株主、財務状況などの情報を出し合います。また連合のネットワークを活用して情報を集めることも可能です。


要求事項の整理

要求事項は、結成時における「組合のめざす方向」であり、加入活動において、従業員から「組合が自分たちの思いを代弁してくれている」と評価されるものでなければいけません。また、経営側に対して組合結成の趣旨を示す上でも、要求事項の整理は重要です。まず現状の問題点と、その原因を考え、「どこを改善すれば今よりも良くなるのか」をメンバー全員で話し合い、整理していきます。

不当労働行為の学習会

もし会社側が労働組合づくりを邪魔しようとしたら、それは「不当労働行為」という立派な違法行為です。まずは事実関係を正確に記録しておきます。そして執行部、上部団体のオルガナイザーとの連携を十分にとって、毅然とした態度で対応することが重要です。

★詳しくは「労働組合をつくろう 3」をご覧ください。


結成大会の準備

結成準備会で話し合った(1)~(4)の内容を反映した「議案書」「結成趣意書」を作成します。

2 結成大会から

ページのトップへ戻る