労働組合をつくるには

step2

結成大会は新たな組合が誕生する瞬間です。その場にいる人たちの気持ちが一つにまとまるよう、元気なスタートを切りましょう。

結成大会決議事項 準備会で事前に話し合って原案を作成しておきます。

結成大会のすすめ方
組合規約(1号議案)

「組合規約」は組合活動のルールです。以下の事項が入ります。

(1)名称 (2)所在地 (3)組合員の平等・無差別 (4)役員選挙
(5)定期大会 (6)会計報告 (7)ストライキ (8)規約改正
(9)上部団体への加盟 (10)組合員の範囲 など

活動方針(2号議案)

「活動方針」は基本的には次の3点です。

(1) 組合の要求を実現していくこと
(2) 組合員を増やし組織を拡大していくこと
(3) 良好な労使関係を築くよう努力していくこと

※ (1)は準備会で整理してきた要求事項であり、その組合独自の内容になります。

予算(3号議案)

組合活動に必要な資金は、組合費のみで賄わなくてはなりません。設定金額が低すぎると、後で運営が立ち行かなくなるので、よく検討してください。

役員体制(4号議案)

役員体制は組合規約で定めている以下の役員を決めます。

執行委員長(1名)、副執行委員長(若干名)、書記長(1名)、執行委員(若干名)、会計(1名)、会計監査(1名)

結成通告時に氏名を明らかにするのは、委員長・副委員長、書記長の三役だけでも構いません。

ページのトップへ戻る

step3

結成大会の後、会社に対して、「結成通告」と「団体交渉の申入れ」を行います。
結成通告は、この日を境に、会社側にも全従業員にも「公然化」する重要な瞬間。通告の直後、会社側の体制が整う前に、一気に組合員を増やすことを視野に入れ、「公然」とした加入活動に入る準備を事前に整えておきましょう。従業員に組合ができたことを知らせる『組合ニュース第1号』を事前に印刷し、通告と同時に配布しましょう。

step4

団体交渉は、「対等で良好な労使関係を築く場」であり、「現場の実態を会社側に伝える場」です。無用な争いはせず、あくまでも紳士的な態度で主張すべき点は堂々と主張していきましょう。
とくに結成したばかりは会社側もすぐには組合の要求に応じてくれません。しかし、焦らず粘り強く交渉をくり返していきます。

step5

会社と合意したことは「労働協約」として、労使双方が署名・捺印します。

「労働協約」の重要性

労使の約束ごとである「労働協約」は、会社側が従業員代表の意見を聞くだけでいいという「就業規則」よりも、効力は上。当面は「暫定労働協約」の締結をめざし、労使関係が安定した後は、「チェックオフ協定」(組合費の給与天引き)や「ユニオンショップ協定※」などを締結していきましょう。

※会社が労働者を雇用する場合、採用された労働者は必ず労働組合に加入しなければならず、もし、組合に加入しなかったり、組合を脱退または除名された者については、会社はその労働者を解雇しなければならないとする協定。

1 組合結成まで

3 不当労働行為があったら


ページのトップへ戻る