連合ニュース 2020年

 
2020年09月24日
「2020年7月豪雨災害」緊急カンパ義援金を熊本県に贈呈
逢見会長代行(左)から蒲島知事(右)へ

 連合は、9月23日「2020年7月豪雨災害」緊急カンパ(7月20日~8月31日)で集まった総額70,561,164円を、逢見直人会長代行が熊本県庁を訪問し、蒲島郁夫熊本県知事に義援金として贈呈しました。






 

【逢見会長代行】

 この度の大きな被害に心からお見舞いを申し上げます。熊本地震の傷が完癒えない中での、豪雨に対し大変なご苦労があると拝察します。連合は、熊本県外からのボランティアは見送らざるを得ませんでしたが、気持ちで寄り添いたい、早く立ち直って欲しいとの思いで義援金をお持ちしました。県民の皆さんのために、ご活用をお願いいたします。
 

【蒲島熊本県知事】

 連合には、4年前の地震の際も多大な支援を頂戴し感謝しています。今回はコロナ禍での災害となり、ボランティアも県内に限定しましたが、その中でも、連合熊本には大きな貢献を頂きました。熊本県では、現在、球磨川流域復興局を設置し取り組みを進めています。連合の義援金は生活再建に歩み始めた県民を勇気づけてくれるものであり、被災者に責任を持って届けることをお約束します。
 

     被災地の一刻も早い復旧・復興をお祈りいたします。 

以上