連合ニュース 2020年

 
2020年06月22日
菅官房長官に対し新型コロナウイルス感染症対策および連合の重点政策に関する要請を実施
要請書手交の様子
 連合は2020年6月19日、菅官房長官に対して、新型コロナウイルス感染症対策および連合の重点政策に関する要請を、総理官邸において実施した。 








 冒頭、神津会長より「新型コロナウイルス感染症対策に関する連合要請」(別紙1)、 「『2020年度 連合の重点政策』に関する要請書」(別紙2)を菅官房長官に手渡し、「働く者の立場からの意見・提言として受け止めていただき、当面の感染症対策および経済財政運営に反映していただきたい」と要請した。
 
 続けて、井村総合政策推進局長より具体的な要請内容について説明し、とりわけ次の5点を強調した。
 ○「曖昧な雇用」で働く就労者保護に向けた法的整備
 ○あらゆるハラスメントの根絶に向けた対策の徹底、法改正とILO条約の批准 
 ○雇用調整助成金や休業支援金の簡便で速やかな給付など、雇用維持の支援
 ○医療・介護・福祉等のサービス提供体制の確保対策の強化
 ○マイナンバーの活用をはじめとする、ICTインフラ、デジタルガバメントの推進
 
 連合は、引き続き他の政府・政党へも要請を行い、働く者、生活者の健康と安全の確保、安心して働ける環境の確保に向けた取り組みを行っていく。
 
以 上