連合ニュース 2020年

 
2020年02月13日
2020平和行動・希望の旗 リレースタート!
~未来へつなぐメッセージ~
希望の旗~未来へつなぐメッセージ~
 連合は平和で安定した社会の実現をめざし、結成当初から平和運動に取り組んでおり、戦後75年となる今年は、「未来へつなぐ」をキーワードに取り組んでいきます。
 「2020平和行動における戦後75年の取り組み」の一つとして、「希望の旗~未来へつなぐメッセージ~」を作成します。全国47の地方連合会連合を4つのグループに分け、各グループで1枚の旗をリレーし、平和への決意のメッセージを記入します。全地方連合会がメッセージを記入した旗を1枚ににつなぎ、「希望の旗~未来へつなぐメッセージ~」とします。完成した旗は、連合平和4行動(沖縄:6月、広島・長崎:8月、根室:9月)において、次世代の代表から決意表明とともに披露します。
 旗のリレーは2月3日にスタートし、トップバッターの連合北海道、連合千葉、連合広島、連合長崎で、それぞれメッセージが記入されました。1枚の旗になるまで、各地方連合会の想いをつないでいきます。
 戦争は色々なものを奪い、あらゆる社会基盤を崩壊しました。戦争のない今の時代を生きる私たちは、この日々を未来へつなぐ責任があります。
 連合の平和行動には毎年全国から多くの仲間が集まります。その時、希望の旗にはどんなメッセージが刻まれているでしょうか。
 
  • 連合北海道
  • 連合広島