連合ニュース 2019年

 
2019年10月11日
連合第16回定期大会「私たちが未来を変える~安心社会に向けて~」
大会会場
連合は10月10~11日、「私たちが未来を変える~安心社会に向けて~」をスローガンに第16回定期大会を東京で開催しました。今後2年間の運動方針などを確認したほか、新役員を選出しました。
 
 来賓として、加藤勝信厚生労働大臣、枝野幸男立憲民主党代表、玉木雄一郎国民民主党代表からご挨拶をいただきました。また、カールペッター・スワルドソン国際労働組合総連合(ITUC)会長代理、吉田昌哉国際労働組合総連合会アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)書記長、ピエール・ハバード経済協力開発機構・労働組合諮問委員会(TUAC)事務局長をはじめ、海外から40の組織、55名にご参加いただきました。ガイ・ライダー国際労働機関(ILO)事務局長からはビデオメッセージをいただきました。
 
 冒頭挨拶で神津会長は、「富を生み出し、それを分かち合うことができ、安心社会の構築につなげていくことのできるのが労働組合。改めて声を大にして叫びたい。労働組合こそが世界を救う。私たち連合はその先頭に立たなければならない。」と述べ、連合結成30周年という節目を迎えるにあたり、「多くの困難と課題を乗り越え、1989年11月21日に連合は結成された。混迷する日本において極端な左右に道を外すことなく、ぶれずに真っすぐ歩んでききた意義は限りなく大きい。私たちを取り巻く環境は、これからも大きく変化していくだろうが、大会スローガン『私たちが未来を変える~安心社会に向けて~』を心に、果敢に挑戦していこう。」と呼びかけました。
 
 新たに確認された「2020~2021年度運動方針」では、連合がめざす社会像の実現に向けた新しい運動「働くことを軸とする安心社会 -まもる・つなぐ・創り出す」を実践するために、「すべての働く仲間をまもり、つなぐための集団的労使関係の追求と、社会に広がりのある運動の推進」、および、「安心社会とディーセント・ワークをまもり、創り出す運動の推進」、「男女平等をはじめとして、一人ひとりが尊重された『真の多様性』が根付く職場・社会の実現」などを掲げています。
 
 新たな役員には、神津里季生会長(基幹労連)、逢見直人会長代行(UAゼンセン)、川本淳会長代行(自治労)、相原康伸事務局長(自動車総連)をはじめ、副会長13名、副事務局長5名、中央執行委員34名、会計監査4名、あわせて60名を選出しました。
 
 神津会長は就任挨拶の中で、「私たち自身が力をつけて前に進まなければならない。このままの日本では破綻をしてしまう。私たちが未来を開けるために、誠心誠意、前に向かっていくことを誓う」と決意表明しました。
 
 ITUC(国際労働組合総連合)「ディーセント・ワーク世界行動デー」に合わせ、”働きがいのある人間らしい仕事”のためには平和でなければ!との思いを込めて、大会参加者全員で核兵器廃絶を訴えるアクションも行いました。
 
 さらに、「連合は、結成30周年を迎えた。私たちは、本大会を意義ある節目と捉え、多くの働く仲間の確かな未来を拓くため、力強く新たなスタートを切っていく」という文言ではじまる大会宣言を満場一致で採択し、閉幕しました。
 
  • 神津里季生・連合会長
  • 加藤勝信・厚生労働大臣
  • 枝野幸男・立憲民主党代表
  • 玉木雄一郎・国民民主党代表
  • カールペッター・スワルドソン国際労働組合総連合(ITUC)会長代理
  • 「ディーセント・ワーク世界行動デー」アクション
  • 相原康伸・連合事務局長
  • 選出された新役員
  • ガンバロー三唱
関連情報