連合ニュース 2019年

 
2019年06月06日
第80回中央委員会を開催
第80回中央委員会を開催
 連合は6月6日、東京都有明で第80回中央委員会を開催し、役員・中央委員、傍聴などを合わせて約300名が出席しました。
 
 冒頭あいさつの中で神津会長は、昨年の1月末から約15か月をかけて、すべての組織との総対話を行うことができたことに感謝の意を表し、「いただいた建設的な問題提起は全てが宝。宝の持ち腐れにならないように常に意識を高く持っていかなければならない。」と述べました。
 また、2019春季生活闘争について、「賃上げの流れはしっかりと継続している。とりわけ、規模の一番小さい100人未満の組合において、賃上げ分が、率では第一回集計から一貫して昨年を上回るとともに、大手組合をも上回っている。こうした流れを現在も交渉を続けている組合や社会全体に広げていかなければならない。」と呼びかけました。さらに、第19回統一地方選挙について、「複雑な状況と逆風のなかにあっても、当該の地方連合会と構成組織の大変なご努力によりそれぞれの結果につないでいただいた。しかし、低投票率と議員のなり手不足の問題が露呈をしており、深刻な事態のなかで、参議院議員選挙が目前に迫っている。ピンチをチャンスに変え、私たちの仲間を何としても国会に送り出し、日本社会の展望を拓いていかなければならない。」と決意の言葉を述べました。(神津会長挨拶全文
 
 活動報告では、「一般活動報告」「組織拡大実績(2018年10月1日~2019年3月31日)」「2019年度会計中間決算報告」「2019年度会計中間決算監査報告」「支えあい・助け合い運動推進小委員会報告「ゆにふぁん推進計画」」が、それぞれ承認されました。
 続いて、「平和行動『ピースフラッグリレー』」を行い、昨年の北海道胆振東部地震の影響による平和行動in根室中止を受け、つなぐことができなかったピースフラッグを沖縄へ引き継ぎました。
 また、「労働組合のエコ活動PRアワード2018表彰式」では、連合会長賞として連合栃木、連合事務局長賞として情報労連に表彰盾を授与しました。

 協議事項では2019春季生活闘争中間まとめなど、次の4つの議案が確認されました。
第1号議案:2019春季生活闘争 中間まとめ(案)
第2号議案:2020~2021年度 政策・制度 要求と提言(案)
第3号議案:2020年度 連合の重点政策(案)
第4号議案:社会保障・教育・税制に関する政策構想(案)

 全ての議案の確認後、会場全員で「ストップ!児童労働キャンペーン2019『レッドカードアクション』」および「ハラスメント根絶 ILO条約支持を!」のアピール行動を実施し、最後に川本会長代行によるガンバロー三唱を行い、閉会しました。
以 上
  • 挨拶をする神津会長
  • 一般活動報告をする相原事務局長
  • 議長団の大橋由紀子中央委員(日教組)[左]と石橋学中央委員(基幹労連)[右]
  • 平和行動「ピースフラッグリレー」
  • エコ活動PRアワード2018 連合会長賞授与
  • エコ活動PRアワード2018 連合事務局長賞授与
  • 川本会長代行による「ガンバロー三唱」
関連情報