連合ニュース 2019年

 
2019年06月03日
ILO活動推進議員連盟に対して、ILO条約採択に向けた要請行動を実施
~「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約~
会場風景
 2019年6月10日~21日にスイス・ジュネーブで開催される国際労働機関(ILO)第108回総会において、「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約案が討議される予定です。
 2019年5月31日、連合は、ILO活動推進議員連盟(会長:川崎二郎衆議院議員)に対して、日本政府が同総会において条約案を支持するよう、また、採択後は国会に条約を提出して批准するよう、要請を行いました。

 連合の相原康伸事務局長は、「議連としての精力的な取り組みを加速し、確実なものとするべく要請させていただきたい。条約採択となれば、ハラスメントに特化した初の国際基準となる。ハラスメントの根絶が国際社会の声として響き渡る中で、全世界の公労使の合意と秩序が次の世界を形づくる。その条約案に比べれば、2019年5月29日に成立したハラスメント対策関連法は、禁止規定が盛り込まれず、行為者・被害者の範囲が限定的であるなど課題はあるが、日本政府が支持を表明する上での背景にはなり得る。前回の総会時のように態度保留となれば、国際社会の期待を裏切ることになる。後押しする議連の諸活動や情熱に敬意を表し、全力での対応をお願いしたい」と述べ、川崎会長に要請書を手交しました。

 ※ILO活動推進議員連盟
   超党派の国会議員で構成するILOの活動を推進する議員連盟。
    会  長:川崎二郎衆議院議員
    会長代行:田村憲久衆議院議員
    事務局長:石橋通宏参議院議員
以 上


 
  • 趣旨説明する相原事務局長
  • 川崎会長に要請書を手交