連合ニュース 2019年

 
2019年03月08日
「36(サブロク)の日」制定記念発表会および「熱血教室!36(サブロク)協定編」を開催
「36(サブロク)の日」制定記念発表会
 連合は、昨秋から展開している「Action!36」の特別キャンペーンに加え、「働き方」について考える契機とし、「36協定」を浸透させるため、3月6日を「36(サブロク)の日」として記念日登録しました。その制定記念発表会として、第1部に神津会長と岡田圭右さん、キンタロー。さんとの記者発表会、第2部に相原事務局長および東京大学の宇野教授と大学生などとのトークセッションを行いました。
 
【第1部】「36(サブロク)の日」制定記念発表会
 冒頭、神津会長は、「4月1日から改正労基法が施行されるが、その内容がどこまで理解されているのか、深刻な危機感を持っている」と述べ、「36(サブロク)の日」制定を機に連合が率先して36協定の重要性を浸透させていきたいと決意を述べました。

 会社員経験のある岡田圭右さん、キンタロー。さんとのトークセッションでは、「上司が残業していると帰りづらかった」「お客様の要望があれば、夜や休日も対応するのが当たり前だった」等の経験談に対し、神津会長は「記念日制定を契機に、皆で「働き方」について考えることが必要だ」と指摘しました。「連合として「36(サブロク)の日」を記念日登録したが、連合だけの記念日ではない」と述べ、働き方の見直しを日本全体で共有し、何か職場で困りごとがあれば連合に相談してほしいと呼びかけました。
 
【第2部】「熱血教室!36協定編」
 24名の大学生および大学院生が参加して行われた学生とのトークセッションでは、「良い習慣をつくると、人格が変わり、社会が変わる」との宇野教授の指摘を踏まえ、社会を構成する「私たち」自身が自らの行動を変えることの重要性、組織と個人が対等に付き合うためには「アライアンス」が必要であり、労働組合もその一員であること等のテーマを中心に対話が展開されました。相原事務局長は、「傍観者的態度では、社会が変わることは難しい。社会を構成する「私たち」が運営する労働組合として、36協定を始めとした制度を、社会的セーフティーネットとして張り巡らしていきたい」と決意を述べました。宇野教授は、「いかに困っている人が多いかということを、労働組合の委員長を務めて知った。守ってくれる制度はあっても、その制度自体を知らない人が多い」と述べ、法律を周知・浸透させるために労働組合の果たす役割の重要性を指摘して、トークセッションは終了しました。
  • 岡田圭右さん
  • キンタロー。さん
  • 宇野教授
  • 相原事務局長
  • 熱血教室!36協定編
  • 集合写真