連合ニュース 2018年

 
2018年11月29日
連合フォーラム政策勉強会ー児童虐待のない社会の実現ー(第1回)を開催
虐待の発生予防には、保護者支援の充実と暴力によらない子育ての浸透が必要

 連合は11月28日、連合フォーラム政策勉強会ー児童虐待のない社会の実現ー(第1回)を参議院議員会館で開催し、連合フォーラム議員他あわせ66名が参加した。
 

 勉強会では、吉田恒夫学長(駿河台大学学長、NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事長)と奥山千鶴子理事長(NPO法人 子育てひろば全国連絡協議会理事長、NPO法人 びーのびーの理事長)に、児童虐待の発生予防や早期発見のために必要なこと等についてご講演いただいた。講演後議員からは、児童虐待予防に向けた地域の関わり方や定期健診の重要性、妊娠期からの支援やプレママ、プレパパが支援と繋がる機会の必要性などの意見が出され、活発な意見交換が行われた。
 

 連合は、児童虐待のない社会の実現にむけて、今後も取り組みをすすめていく。
 第2回目の勉強会は12月に開催予定。

  • 吉田学長と奥山理事長
  • 意見交換の様子