連合ニュース 2018年

 
2018年04月28日
第89回メーデー中央大会を開催
平和・人権を守り、あらゆる差別をなくそう! 働く者のための働き方改革をすすめ、すべての仲間と結集しよう!
式典会場
 4月28日(土)、第89回メーデー中央大会を開催しました。晴天の下、会場となった代々木公園には、連合の組合員をはじめ、中央労福協、労金協会、全労済、退職者連合などの関係団体、NPO・NGOなどの諸団体から4万人の仲間が集まりました。
 
 今年の式典は、初めての試みとしてステージを会場中央に配置し、参加者がそれを取り囲むスタイルで開催しました。
 芳野友子実行副委員長(連合副会長)の開会宣言ではじまった式典は、まず、神津里季生実行委員長(連合会長)が主催者を代表して挨拶しました。神津会長は「春季生活闘争は、底上げの成果が出ている。この流れをさらに拡げ、すべての働くものの処遇改善につなげよう」と呼びかけました。また、「『働き方改革』について、長時間労働是正、同一労働同一賃金に魂を入れるのは、私たち労働組合だ。しかし、日本の働く仲間の8割は、労働組合の傘に守られていない。労使交渉で言いたいことを言う機会のない仲間たちに、このことをしっかりアピールし、仲間を増やそう。仲間を守ろう」と訴えました。最後に「主役はすべての働くもの一人ひとり。一人ひとりが声をあげることが底上げにつながる。」と参加者とともに「ボトムアップ!」と声をあげました。
 
 来賓挨拶では、政府を代表して加藤勝信厚生労働大臣が「政府は、誰もが活躍できる社会に向け、取り組んでいる。めざす方向はみなさんと同じ」と述べました。
 
 続いて、メーデー中央大会を後援している東京都から、小池百合子知事が「2020東京オリンピック・パラリンピックを成功させるため、連合のみなさんとしっかり連携していきたい」と述べました。
 
 今年のメーデーでは、若者を代表して法政大学4年生の本田翼さんがアピールしました。本田さんは「私には2つの不安があります。ひとつは長時間労働、低賃金。従来の日本の雇用システムが崩れてしまった今だからこそ、みんなで助け合う社会が必要です。ふたつ目の不安は、学生の私の意見がどれだけ伝わるのかということ。しかし、この場に立ってその不安はなくなりました。ここにいるみなさんが話を聞いてくれていることがわかったからです。」と訴えました。
 
 被災地からは、福島県で活動するNPO法人0073代表の永井康統さんが「福島県では、農家が自分で食べる米もすべて放射線の調査をしているが、放射線は検出されなくなった。米や牛肉は産地や銘柄で選ぶ人が多い。ぜひ、みなさんが買い物に行った先で『福島産はないの?』と聞いて、風評をなくすことの後押しをしてほしい」と述べました。
 
 最後に、齋藤舞メーデー常任実行委員がメーデー宣言(案)を提案し、満場の拍手で採択されました。
 
 式典は、岡田啓実行副委員長(連合東京会長)の閉会あいさつ、佐藤良太青年活動委員会(ユースター委員会)委員のがんばろう三唱で閉会しました。
 
 式典後には、日本プロ野球選手会OBのみなさんによる「子どもキャッチボール教室」と「キャッチボールクラシック」が行なわれました。晴天の下7チームが参加し、電力総連Bチームが優勝に輝きました。
 
 メーデー中央大会は、環境にやさしいメーデーを呼びかけており、会場内のゴミの分別を参加者にお願いしています。ゴミ分別回収所の運営は、今年も早稲田大学鵬志会のみなさんにご協力いただきました。
  • 主催者あいさつをする神津里季生実行委員長
  • 加藤勝信厚生労働大臣
  • 小池百合子東京都知事
  • 来賓のみなさま
  • 法政大学4年生の本田翼さん
  • 永井康統NPO法人0073代表
  • メーデー宣言を提案する齊藤舞メーデー常任実行委員
  • 閉会あいさつをする岡田啓実行副委員長
  • がんばろう三唱
  • リーフレットを掲げる参加者
  • 結集デモ
  • 子どもキャッチボール教室
  • キャッチボールクラシック
関連情報