連合ニュース 2017年

 
2017年12月07日
菅官房長官に対し2018年度予算編成等について要請を実施
要請書手交の様子
 連合は、12月6日、2018年度予算編成等に関する要請を菅官房長官に行いました。

1.日 時:2017年12月6日(水)17:00~17:06
2.場 所:総理官邸 5階 官房長官室
3.出席者:
(政府)
  菅 義偉官房長官
(連合)
  神津 里季生会長、相原 康伸事務局長、
  南部 美智代副事務局長、川島 千裕総合政策局長、
  平川 則男総合政策局長、村上 陽子総合労働局長、
  仁平 章総合企画局長


4.要請の概要
 冒頭、神津会長が菅官房長官に対し要請書を手交しました。その後、村上総合労働局長および平川総合政策局長より2018年度予算編成等に関する要請書の概要について説明を行い、①過労死問題やいわゆる「ブラック企業」問題等への適切な対処、②安心・信頼の医療・介護を支える人材の確保や離職防止のための処遇改善、③待機児童の早期解消と幼児教育・保育の質の改善に向けた保育士・幼稚園教諭の処遇改善などについて、2018年度予算などへの反映を求めました。

 連合は、引き続き政府および政党への要請を行っていきます。
以 上