連合ニュース 2017年

 
2017年04月29日
第88回メーデー中央大会を開催
長時間労働の撲滅 ディーセント・ワークの実現 今こそ底上げ、底支え、格差是正の実現を!
看板には多くの長時間労働是正フォトメッセージ

 4月29日(土)、第88回メーデー中央大会を開催しました。会場となった代々木公園には、連合の組合員をはじめ、中央労福協、労金協会、全労済などの関係団体、NPO・NGOなどの諸団体から4万人の仲間が集まりました。

 

 芳野友子実行副委員長(連合副会長)の開会宣言ではじまった式典では、神津里季生実行委員長(連合会長)が主催者を代表してあいさつしました。神津実行委員長は「働くことに関わる新たな常識を私たちの手で作る時期に来ている」と働き方改革について触れ、「誰もが希望を持って働き、女も男も仕事と生活を両立できるように労働時間を最適化しなくてはならない。時間外労働の上限規制はその時間まで働かせていいというものではない。今まさに労働時間にかかわる新たな常識を作るチャンス。あらゆる場面で、組織内外へアピールしなければならない。」と述べました。また、メーデーに集まったすべての仲間に向けて「それぞれの立場から運動し、発信していこう」と呼びかけました。

 

 来賓挨拶では、まず政府を代表して塩崎恭久厚生労働大臣が「政労使で働き方改革に取り組んでいる今、メーデーに参加できることを嬉しく思う。働き方改革実行計画は、働き方を変える歴史的な一歩。職場の実態を良く知る労使で取り組みを進めるよう、連合に期待する」と述べました。

 

 次に、メーデー中央大会を後援している東京都からは、小池百合子知事が「長時間働けば利益が上がる、長時間労働が美徳、そんな時代は終わった。働き方改革のけん引役である連合に期待し、東京都は支援していく」と述べました。

 

 最後に、政党を代表して民進党の蓮舫代表が「働き方改革については、政府も野党も同じ方向を見ている。しかし、一方で政府は残業代ゼロ法案を成立させようとしている。民進党はこのような法案は断固反対、廃案に追い込んでいく。働き方改革で生産性があがったら、働く人に還元すべきだ。」また、「今、自由や人権が徐々に抑圧されている。政府が何でもしていいというわけではない。ここで歯止めをかけなければならない。旧民主党、民進党を支えてくれた連合に感謝しつつ、働く人の思いが届く政治をともに実現したい」と力強く述べました。

 

 連合は多くのNPO・NGOと連携しています。そのなかから、パラスポーツ(障がい者スポーツ)を通じた共生社会の実現をめざすNPO法人STANDの伊藤数子代表理事が「2020年に向けてパラスポーツに関心を持つ人、ボランティアの希望者が増えている。私たちは小さなNPOだが、連合に集うたくさんの皆さんと仲間になって連帯を深めたい」と述べました。

 

 日教組臨時・非常勤職員等全国協議会の川添まゆ美議長は、小学校で臨時事務職員として働く状況を報告。「正職員と同じ仕事でも臨時職員なので、労働条件は厳しい。おかしいと思いつつ、非正規労働者だから仕方ないと思っていた。しかし、労働組合に加入して考えが変わった。雇用形態にかかわらずひとりの労働者として大切にされる社会を実現してほしい」と切実な思いを訴えました。

 

 震災から1年を迎えた熊本からは、社会福祉法人熊本市社会福祉協議会の中川菜穂子事務局長が「地震発生後いち早くボランティアセンターに入り、がれき撤去作業などに取り組んでくれた連合の皆さんに感謝する。熊本は一歩一歩復興に向けて歩みを進めているが、皆さんの熱いエールが必要。どうか引き続きの応援をよろしくお願いします」と述べました。

 

 最後に、逢見直人実行委員会事務局長(連合事務局長)がメーデー宣言(案)を、山中しのぶ連合中央執行委員が特別決議(案)をそれぞれ提案し、満場の拍手で採択されました。

 

 式典は、岡田啓実行副委員長(連合東京会長)の閉会あいさつ、川本淳実行委員長代行(連合会長代行)のがんばろう三唱で閉会しました。

 

 式典後には、日本プロ野球選手会OBのみなさんによる「子どもキャッチボール教室」と「キャッチボールクラシック」が行なわれました。晴天の下8チームが参加し、電力総連Cチームが優勝に輝きました。

 

 メーデースローガンにもあるとおり、連合では長時間労働の是正を求める取り組みを行なっています。会場内で長時間労働の是正を求めるフォトメッセージの撮影を行い、多くの組合員のみなさんにご協力いただきました。

 

 メーデー中央大会は、環境にやさしいメーデーを呼びかけており、会場内のゴミの分別を参加者にお願いしています。ゴミ分別回収所の運営は、今年も早稲田大学鵬志会のみなさんにご協力いただきました。

  • 神津実行委員長
  • 塩崎厚生労働大臣
  • 小池東京都知事
  • 蓮舫民進党代表
  • 来賓の皆様
  • NPO法人STAND伊藤代表理事
  • 日教組臨時・非常勤職員等全国協議会川添議長
  • 熊本市社会福祉協議会中川事務局長
  • 逢見実行委員会事務局長
  • 山中連合中央執行委員
  • 岡田実行副委員長
  • 川本実行委員長代行
  • がんばろう三唱
  • 結集デモ
  • 子どもキャッチボール教室
  • キャッチボールクラシック
  • 会場内ではフォトメッセージ撮影も
  • 震災ボランティアの取り組みを伝える写真展
  • 子ども縁日
  • 会場のゴミはここで分別回収
関連情報