事務局長談話

 
2010年11月01日
ロシア大統領の北方領土訪問に対する談話
日本労働組合総連合会
事務局長 南雲 弘行

  1.  11月1日、ロシアのメドベージェフ大統領が、北方領土の国後島を訪問したことが判明した。ロシアの最高首脳が北方領土を訪問するのは、旧ソビエト時代を含めて初めてとなる。このことは、第2次大戦後、旧ソビエト・ロシアの不法占拠が続いている、日本固有の領土である択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島が、ロシアの領土であると正当化するものである。結成以来、北方四島一括返還を求めて取り組んできた連合として極めて遺憾であり、この訪問に強く抗議する。

  2.  今年9月メドベージェフ大統領は、北方領土をロシアの極めて重要な地域だとして、近く必ず訪問する強い意志を示していた。ロシアの国営メディアによると、今回の大統領の訪問は、ロシア政府が北方領土で進めている、空港、発電所、岸壁等のインフラ整備(クリル発展計画)の現状視察としている。

  3.  また、これまでメドベージェフ大統領は、日ロ首脳会談で、領土問題解決のため「型にはまらない独創的なアプローチ」、「領土問題を是非前進させたい」との発言をしていた。今回の一方的な訪問は、この発言とも矛盾し、日本政府もロシア政府に対し厳重抗議をするとともに、今後の日ロ関係に重大な支障をきたす懸念があるとした。

  4.  連合は日本政府に対し、一日も早く「日ロ平和条約」を締結し、日本固有の領土である北方領土の四島一括返還と、メドベージェフ大統領の北方領土訪問の即時中止を強く求める。


以上