いまお困りのことがありましたら、連合「なんでも労働相談ダイヤル」にご相談ください。
連合 twitterキャンペーン
#もしも定時で帰れたらをツイートする

 最近、定時で帰ることはできていますか?
 連合のなんでも相談ダイヤルには、長時間労働に関する相談が数多く寄せられています。なかには、過重労働を心配する家族からも相談が寄せられています。

 先日も20代の大手広告代理店女性社員が100時間を超える過重労働の末、過労自殺したことが労災認定され大きく報じられました。長時間労働が社会全体で大きな問題となっており、長時間労働を是正することが喫緊の課題となっています。政府が掲げる「働き方改革」のなかでも、「長時間労働是正」はテーマとなっており、これから議論が本格化します。

 そこで、連合は「なんでも労働相談ダイヤル」の実施や「インターバル規制」導入議論などの取組みとともに、twitterにて「#もしも定時で帰れたら」を募集します。皆さんの日常や思いを集め、SNS上でシェアすることで、長時間労働是正の議論への原動力に繋げることができればと考えました。長時間労働・過重労働で悩む当事者だけの問題ではなく、家族や同僚の方々にも大切な時間を再認識し、長時間労働問題への関心を持っていただければと思います。
 長時間労働・過重労働で悩む人を一人でも減らすため、皆さんの思いをつぶやいてください。

もしも定時で帰れたら…

 
#もしも定時で帰れたらをツイートする
こんな風に投稿してね
レポートを読む
お問い合わせ