日本労働組合総連合会(連合)

#RENGOInternationalYear2019

scroll

2019

連合はILO100周年や、G20・L20の日本開催が予定されている2019年を
『#RENGOInternationalYear』として、国際社会と積極的に協調していきます。

EVENT DETAIL

イベント詳細

2019/2/1

ILO100周年記念シンポジウム

【「人間中心」の仕事のあり方実現に向けて】
2月1日、ILO(国際労働機関)の100周年記念シンポジウムが開催され、連合は後援協賛団体として参加。ILO100周年記念事業である「仕事の未来世界委員会」報告の講演では、『人間中心(human-centered)』の考え方を軸に3つの投資促進について講演がありました。

●3つの投資促進
・人間の潜在能力への投資拡大 ~生涯現役社会や生涯能力開発、男女平等など~
・仕事に関わる制度への投資拡大 ~労働時間是正の制度や職場環境、技術など~
・ディーセントで持続可能な仕事への投資拡大 ~人口や環境、経済などの外部構造変化を考慮した持続可能な働き方など~
日本には、生涯現役社会・生涯能力開発のモデルを国際社会に示す役割を期待されており、政労使が協力し合いながら「未来の「よい仕事」の実現のために積極的に取り組んでいくべきと再認識しました。

●事例報告、パネルディスカッション
ILO100周年記念シンポジウム内で行われた事例報告は次のとおり。
・高齢者が働きやすい制度づくり就労に取り組み成果実績を上げた企業の事例
・人事部主導ではなく全部署の社員主導で働き方改革を推し進めた企業の成功事例
・パート、アルバイト有期雇用で勤務働く仲間の処遇改善を進める労働組合の事例
・勤務間インターバル制度を活用した長時間労働是正に取り組む労働組合の事例
その後のパネルディスカッションでは相原事務局長が登壇し、政労使で議論。各団体の取り組みが働き方改革だけでなくILOの提唱する「仕事の未来」の観点でも、非常に有用な事例であることが再確認されました。

連合は、ディーセント・ワークの実現に向けて、国内での施策を推し進める役割を担うとともに、日本の働き方を「仕事の未来」の一つのモデルとして国際社会へ示せるよう、積極的に取り組んでいきます。

トップに戻る

2019/2/19

C20アウトリーチ・シンポジウム

【誰も取り残されない社会に向けて】
2019年2月19日、『市民社会と切り開く「誰も取り残さない世界と日本」』と題して、C20の準備会合が開催されました。C20とは、C=Civil Society Organization:市民社会組織による、市民社会組織と政府が対話する議会会議です。
今年、日本で開催されるL20(Labour 20)のホストとして、連合からは逢見会長代行が登壇し、労働者を取り巻く情勢と課題や地球規模の課題と連合・労働組合の関わりについて紹介しました。

現在、日本国内だけでなく海外でも長時間労働や格差が拡大しており、多くの労働者が「ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)」からほど遠い状況に置かれています。
連合はILOやITUC、各国のナショナルセンターなどと連携し、「ディーセント・ワークの実現」に向けた議論を深めていきます。そして、「持続可能な開発目標(SDGs)」、ジェンダー平等、デジタル化経済や気候変動への対応、貿易や課税など生活者に関わる諸問題についても議論をしたいと考えています。

課題解決のためには、各議会において、その専門性や知見を生かしながら、相互に協力し合う必要があると考えています。

トップに戻る

2019/2/25〜27

第1回 雇用作業部会(東京)

【介護労働者の労働条件向上を!】
「G20労働雇用大臣会合」に向けて、2月25~27日、第1回雇用作業部会が開催されました。
L20(労働組合会議)を代表して参加した神津会長は、人口動態の変化、気候変動、経済格差など国際社会や日本が現在抱えている課題やそれらへの対応策の必要性、これらを踏まえたG20が果たすべき役割とG20への期待について述べました。

アリソン・テートITUC経済社会政策局長は、高齢者人口が今後ますます増えていくG20各国において、労働者のための持続可能な社会保護制度が重要であると述べました。

日本社会において、介護労働者の重要性は増す一方です。
介護労働者の労働条件の向上に取り組んでいる石川UAゼンセン総合サービス部門執行委員からは、日本の介護労働者の実態と労働組合の取り組みについて報告がありました。

トップに戻る

2019/3/18

L20労働組合声明安倍総理要請

【働く人の声をG20サミットへ】
3月18日、連合や国際労働組合組織のリーダーが安倍総理を訪問し、G20大阪サミットに向けてL20(労働組合会議)がとりまとめた政策提言(L20声明)を手交しました。
G20サミットにおいて労働者や労働組合の意見が反映されるよう要請するとともに、意見交換を行いました。

この要請には、連合から神津会長と相原事務局長が参加し、相原事務局長から、今回のL20声明における以下の6つの柱に沿って概要を説明しました。
<L20声明を構成する6つの柱>
1.ディーセント・ワークの促進
2.ジェンダー平等の推進
3.気候変動への取り組み
4.技術革新にまつわる事項
5.租税
6.グローバルな貿易

L20声明は、日本に限らず世界の労働者を取り巻く様々な課題に対し、G20各国が主導的に解決をはかることを求めています。
要請の詳細はこちら

トップに戻る

2019/6/6-7

L7(パリ)

G7各国ナショナルセンターのリーダーが集まり、労働者にまつわる課題について、それぞれの知見や経験の共有、議論を行います。ここでの議論をとりまとめた労働組合声明が発出され、G7サミットやG7労働大臣会合で議論されるよう求めていきます。

トップに戻る

2019/6/10〜21

ILO総会

日本を含む187の加盟国から政府、使用者、労働者の代表が出席して開かれるILOの年次総会として、2019年6月10日~6月21日の日程でジュネーブのパレ・デ・ナシオン(国連欧州本部)で第108回ILO総会が開催されます。 

トップに戻る

2019/8/28〜30

TICAD7(横浜)

TICADとは、Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催しています。次回TICAD7は、平成31年8月28日~30日に横浜のパシフィコ横浜で開催されます。

トップに戻る

2019/8/29〜30

L20(東京)

L20(労働組合会議)は、G20各国・地域の労働組合および国際労働組合組織のリーダーが一堂に会し、世界の労働者にまつわる課題とその解決策について話し合う会議です。毎年、G20サミット議長国において開催され、G20サミットや関連閣僚会議に向けて政策提言も行っています。

また、L20はG20のエンゲージメント・グループの1つでもあり、他のエンゲージメント・グループと様々な場面で連携を行っています。

エンゲージメント・グループには、B20(ビジネス)、C20(市民社会)、S20(科学)、T20(シンクタンク)、U20(アーバン)、W20(女性)Y20(若者)があります。

2019年は日本がG20議長国となることから、連合は、ITUCやTUACとともに、G20各国の労働組合や国際労働組織のリーダーによる労働組合会合(L20)を東京で開催する予定です。

日時:2019年8月29日(木)~30日(金)
場所:東京プリンスホテル

トップに戻る

2019/9/1・2

G20労働雇用大臣会合(松山)

毎年、G20サミット開催に合わせて分野別の関係閣僚会合も開催されます。その中の1つに労働や雇用について議論する労働雇用大臣会合があります。2019年はG20議長国として、2019年9月1日~2日に愛媛・松山にて労働雇用大臣会合を開催することが決まっています。

トップに戻る

2019/10/7〜9

ITUC-AP地域大会(東京)

国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-Asia Pacific:ITUC-AP)は、アジア太平洋地域組織の34カ国・地域、59組織、2,300万人(2015年10月現在)を代表する組織です。連合はITUC-APに加盟し、労働者の権利保護などをはじめとしたグローバルな課題に取り組む大きな役割を発揮しています。

ITUC-APは4年に1度、現下の諸課題や今後の活動方針等について議論する地域大会を開催しており、ITUC-APに加盟している組織が参加します。2019年は日本で開催される予定です。

トップに戻る

2019/10/7

ディーセント・ワーク世界行動デー

ディーセント・ワーク (Decent Work)は”働きがいのある人間らしい仕事“と訳され、1999年に、国際労働機関(ILO)のファン・ソマビア元事務局長が提唱した考え方です。

連合も加盟している国際労働組合総連合 (ITUC)は10月7日をディーセント・ワーク世界行動デー(WDDW)としており、世界中での一斉行動を呼びかけています。

トップに戻る