ホームの中の労働・賃金の中の春季生活闘争の中の春季生活闘争とは

春季生活闘争とは


このコーナーの目次


どうして春の闘いなの?

 労働組合にとって、一年で一番大きな闘いが「春季生活闘争」です。マスコミ報道など一般では「春闘」と呼ばれています。日本では、春を新年度のはじまりにする慣例があります。新入社員が入ってきたり、お給料が上がったりするのが4月です。そこで2月から3月にかけて、新しい給料になるまえに、労働組合が「給料を上げてほしい」「労働時間を短くしてほしい」といった、いろいろな労働条件について要求を出して会社と交渉します。それが、生活改善のための春の闘い、すなわち春闘(通称)なのです。これは日本独特のやり方で、1955年から始まりました。

産業別に交渉するワケ

 もちろん賃上げなどは労使の交渉ですから、組合側は要求が満たされないとストライキをすることがあります。でも、ある会社の組合がストライキをして、その間にほかの会社が業績を伸ばしたらどうでしょうか。自分の勤める会社の業績が悪くなっては元も子もありません。そんな心配をしていたら、なかなか組合側はストライキができませんよね。組合がバラバラになって闘っていては交渉する力も弱くなってしまいます。そこで組合は同じ業種の組合と一緒になって労使交渉をします。そうするほうが組合側全体の交渉力が高まるのです。また小さな組合は交渉力のある大きな組合の賃金(通常は高い賃金です)を基準に会社と交渉することもできます。賃金、労働条件などで産業別の組合ごとに闘うのは、こういう理由があるわけです。

まずは大手の業績のいい組合から

 景気は毎年変わります。いい景気の産業もあれば、そうでない産業もあります。そこで組合側は考えました、「その年に一番いい賃金を払える産業から労使交渉を始めましょう。そうすれば高い賃上げの要求・回答を見てはげみになり、ほかの産業の組合もがんばれます」。こうして交渉を始める順番が景気のいい産業、しかも大手(中央)の組合から決まっていきます。この交渉の結果を見て、大手企業から中小企業へ、中央から地方の企業へと交渉が決まっていくのです。

連合の役割

 このように春季生活闘争は組合間の連携プレーが重要になります。交渉の主役は各産業別の労働組合ですが、連合はこのような産業別組織間のスケジュールの調整をしたり、その年の闘い方の方針を協議したりして、労働組合全体の方向性を決定するなど重要な役割をはたしています。
このホームページには連合加盟の労働組合から上がってきた最新の賃上げ集計データが公開されています。
このデータを活用して、みなさんの職場の賃上げ額を見直してみましょう!


このページの先頭へ