ホームの中の労働・賃金の中の雇用の中の非正規労働センター

非正規労働センター


このコーナーの目次


非正規労働センターについて

待ったなし非正規雇用の待遇改善

1人で悩まずみんなと相談することができる!

 いま、働く人の3人に1人は、パートタイム、派遣、有期契約などの、いわゆる「非正規雇用」で働いています。バブル崩壊後の長期不況のなかで、人件費圧縮のために正規雇用から非正規雇用への置き換えが進んだ結果、非正規雇用で働く人の多くが、正規雇用を望みながらも低い賃金・労働条件で働かざるを得ない状況に置かれており、「パートだから」「派遣だから」というだけで不当な扱いを受ける例も後を絶ちません。

 誰もが安心して働き、暮らすことが出来なければ、経済や社会の安定にはつながりません。そのためにも、どのような雇用形態であっても、あたりまえに生活して行けるだけの賃金・労働条件、そして社会保障のしくみが必要です。非正規雇用で働く人々の待遇改善は待ったなしの課題です。

みんなで一緒に声をあげよう!

みんなで声をあげれば変えられるヨ!

 2007年10月、私たち連合は、正規雇用の組合員のためだけの運動にとどまらず、非正規雇用で働く人々の労働条件底上げや諸制度の見直しにむけた取り組みを進めていくために、「非正規労働センター」を立ち上げました。

 労働組合の取り組みと働くみなさんの声をむすび、より大きな声にしていくことが、問題解決のために必要です。このWebサイトはその一翼を担うものです。

 みなさん、誰もが安心して働き、暮らせる社会にするため、私たちと一緒に声をあげましょう。

関連情報

じぶんタイムカードはたらきろく
ワークルールチェッカー
ワークルールチェッカー 携帯用QR
いきる・ささえる相談窓口一覧
ドキュメンタリービデオ 組合の力があれば/ユニオンガイド What's UNION?
パート適用拡大 すべての労働者に厚生年金を

このページの先頭へ