ホームの中の連合についての中の会長のメッセージ

会長のメッセージ


 連合が1989年に結成されてから四半世紀。この間、私たちは、経済や社会の状況が目まぐるしく変化する中、すべての働く人々の雇用・労働条件の維持向上、医療・年金・教育・環境などくらしの安全・安心にかかわる政策の提言、労働組合づくり、東日本大震災の復興支援など、様々な取り組みを行ってきました。

 その一方で、低所得・不安定な雇用形態で働かざるを得ない人、あるいは働く上での基本的なルールすら守られない環境で働かされている人が増え、格差の拡大や貧困、そして将来不安に直面しています。このような社会は、決して持続可能なものとは言えません。

 こうした中で連合に求められている使命・役割は、わが国最大の働く者・生活する者の集団として、世の中の不条理に立ち向かい、克服することです。私たちは、社会の格差に歯止めをかけ、信頼と連帯感にあふれ、次代を担う子どもや若者が希望と安心の中で働き・暮らせる社会をつくりたいと考えています。現在、めざすべき社会像として「働くことを軸とする安心社会」を提起し、そのための政策パッケージとともに、実現に向けて取り組んでいます。

 私たちは、これからも、連合結成の原点である社会の公正を追い求め、組合員だけにとどまらず、すべての働く人々とその家族のくらしのため、取り組んで参ります。この機会に、一人でも多くの方に連合・労働組合の存在と活動について知って頂き、みなさんの職場、地域をより良くするために、連合の活動にご理解・ご参加頂けると幸いです。

連合会長 古賀 伸明


このページの先頭へ