ホームの中のくらし・政策の中の税制の中のもっと自分の税金を知ろう!−あなたの税金計算シート−

もっと自分の税金を知ろう!−あなたの税金計算シート−


このコーナーの目次


 給与所得者の場合、毎年最後の賃金支給日に、明細と一緒に「源泉徴収票」を受け取ります。この源泉徴収票を使って、あなたの税金がどのように計算されているのか試算してみましょう。
 源泉徴収票に載っている金額などを画面に入力するだけで、あなたの納税額(所得税、住民税、消費税)の概算を知ることができます。

インターネットで計算

簡易計算フォームはこちら
(新しいウィンドウが開きます)
これは試算であり、実際の税額計算との間に
誤差が生じる場合があります。

あなたの税金計算シートをダウンロードして計算

領収書を保存して税金を取り戻そう!

これでバッチリ!医療控除の還付申告医療費控除の還付申告について動画で詳しく解説します。

【動画の内容】
医療費控除って、なに?
1.還付申告の知識(基礎編)
2.医療費控除について(実践編)
3.確定申告書の書き方(操作編)

給与所得者の申告納税機会を拡大しよう!

 わたしたちの税負担は、控除の見直しや減税の廃止などによって、年々増えています。そして、さらなる増税につながる議論も行われています。税金の仕組みをチェックしていくことが、今後ますます重要になります。
  しかし、実際には、「税金の仕組みは難しい」「どの見直しがどんな影響を与えるのか分かりにくい」という声が少なくありません。
  その大きな理由の一つに、給与所得者のほとんどが「税金が賃金から天引き(源泉徴収)され、自分で計算・申告できない(年末調整)」という制度があります。
  納税者でありながら、自分の税金を自分で申告できない。おかしな話です。
  給与所得者でも、自分の税金は自分で計算・申告し、税金の使い道をしっかりチェックして行く。このことが、よりよい政治をつくることにもつながるはずです。
  連合は、給与所得者も希望に応じて、年末調整と自主申告を選べる制度を求めています。

これまでに試算した人は

ヘルプ

PDFファイルについて

 PDFファイルはお使いのパソコンにダウンロードすることをお勧めします。
 また、閲覧の際にはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は下のボタンをクリックし、手順に従ってインストールして下さい。

Adobe Readerをダウンロード
(新しいウィンドウが開きます。)

このページの先頭へ