マタハラに負けない!!産休・育休なんでも労働相談

連合トップ
この労働相談ダイヤルは期間限定のため、終了いたしました。
労働相談をご希望の方は、常設の「なんでも労働相談ダイヤル」の
0120-154-052
にお電話ください。
働く女性のみなさん、あなたの職場は妊娠・出産した後も安心しては働き続けられる職場ですか?働く女性のみなさん、あなたの職場は妊娠・出産した後も安心しては働き続けられる職場ですか?

 連合の調査によると、妊娠経験のある女性労働者の約3割が「マタハラを受けたことがある」と回答し、育休取得を考えた人のうち約4割が「育休を取得したかったが取得できなかった」と回答しています。
「第3回マタニティハラスメントに関する意識調査」の詳細はこちら
 連合は、妊娠・出産を経ながら当たり前に働き続けられるように、9月17日に「マタハラに負けない!! 産休・育休なんでも労働相談」を行います。 「マタハラを受けた」「産休・育休はないと言われた」など、マタハラや産休・育休に関する職場のトラブルを抱えているみなさん、ぜひ気軽に相談して下さい。
 相談には、みなさんの気持ちに寄り添えるように、産休・育休を経験した女性の弁護士、社労士、連合本部役職員が対応します。
 より良い解決方法を一緒に考えましょう!

注:「マタニティハラスメント(マタハラ)」とは、働く女性が妊娠・出産を理由に解雇・雇い止めをされることや、妊娠・ 出産にあたって職場で受ける精神的・肉体的なハラスメントのことです。
詳しくはマタハラ手帳をご覧ください。

マタハラ手帳
同じような悩みを抱えていたら・・・。1人で悩まず、まずは相談
フリーダイヤル 0120-3519-25