働くみんなにスターターBOOK(2019年2月改訂版)
38/44

38 妊娠・出産、育児・介護休業等に関する嫌がらせなどのハラスメントに対して、会社は就業規則にハラスメントがあってはならないことを明記するなどの防止措置を行うことが義務づけられています。 また、妊娠・出産、育児・介護休業等を理由とする不利益取り扱いは、法律で禁止されています。そのようなことを示唆することもハラスメントに該当します。★18妊娠の報告をしたら退職するように言われた以下のような事由を理由とした不利益な取り扱いは違法● 解雇、退職強要● 雇止め● 不利益な配置換え● ‌正社員から非正規社員への契約変更の強要● 人事考課で不利益な評価● 不利益な自宅待機命令● 降格など妊娠中・産後の女性労働者が……・妊娠、出産・妊婦健診などの受診・軽易な業務への転換・育児時間・‌時間外労働や深夜業をしない子どもをもつ労働者が……・育児休業・短時間勤務・子の看護休暇・‌時間外労働、深夜業をしないなどの理由妊娠したのですが……辞めてもらわないとね

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る