働くみんなにスターターBOOK
27/40

25解雇のきまり●‌客観的に合理的な理由や、社会通念上相当な理由がある●‌就業規則等に規定されていること●‌法律で禁止された解雇でないこと(業務上のけがや休業期間中および その後30日間の解雇、妊娠や 出産を理由とした解雇、など)●‌解雇の手続きが必要 (30日以上前に予告、または 30日分以上の解雇予告手当) 会社が一方的に労働者を辞めさせることを解雇といいます。会社は労働者を簡単に辞めさせることはできません。★1₃明日から来るな! クビだ! と言われた 何度も有期労働契約を更新していたのに、突然更新を拒否されることを雇止めといいます。その場合は、労働条件通知書の内容を確認し、理由を書面でもらいましょう。また、働き続けたいのであればその意思を伝えておきましょう。「次の契約を更新しません」と言われた場合社会の常識にかなう納得のできる理由がない解雇は無効です!・すぐに「はい」と言わない・理由を書面で確認する・ 相談窓口や専門家に相談する少しでも解雇に疑問を持ったら…● 退職を強要され、退職届を書くまで帰らせてもらえない● 退職届を“自己都合”で出すように言われたこんな解雇は違法です!退職届ナス=====================

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る