働くみんなにスターターBOOK
24/44

24働く時間、休憩、休日5★11働く時間に制限ってないの?働く時間(労働時間)のきまり   1日 8時間 1週 40時間 を超えてはいけないこれを超えた場合は、時間外労働となります。原則休憩時間のきまり 1日の労働時間が・6時間を超える場合は45分以上・8時間を超える場合は60分以上の休憩が必要です。 休憩時間は労働時間の途中に与えなければいけません。また、この時間は仕事から離れて労働者が自由に使うことができる時間です。休日のきまり 1週間に1日または4週間を通じて、4日の休日が必要です。休日に働いた場合は、休日割増賃金(割増賃金率35%以上)が支払われます。時間外労働のきまり 会社が労働者を時間外労働させる場合は、事前に「時間外労働・休日に関する協定(通称3サブロクきょうてい6協定※)」を労働基準監督署に届け出る必要があります。 ただし、「36協定」があるからといって、無制限に働かせていいというわけではなく、限度の基準(1ヶ月45時間・1年間360時間)が設けられています。 また、時間外労働をした場合は、割増賃金が支払われます。※36協定は、労働者の過半数で組織する労働組合または過半数を代表する者と会社との間で締結。働く時間や休憩、休日にはきまりがあります。

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る