働くみんなにスターターBOOK
11/40

9※「青少年の雇用の促進等に関する法律」の略称 「若者雇用促進法※」は、若者に適切な職業選択を支援し、若者の雇用促進と能力を発揮できる環境を整備する目的で制定されました。この法律により、自分に合った就職先を選択できるよう、応募者などから求められた場合、会社は以下の3類型ごとに1つ以上の職場情報を提供しなければなりません。また、職業紹介事業者や学校のキャリアセンターなどを通じて求めることもできます。 就職活動の際は、事前に職場情報を確認しましょう。若者雇用促進法コラム情報提供項目(ア)募集・採用に関する状況 過去3年間の新卒採用者数の離職者数過去3年間の新卒採用者数の男女別人数平均勤続年数(イ)職業能力の開発・向上に関する状況研修の有無及び内容自己啓発支援の有無及び内容※教育訓練休暇制度・教育訓練短時間勤務制度がある場合はその情報を含む。メンター制度の有無キャリアコンサルティング制度の有無及び内容※セルフ・キャリアドッグ(定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を設定する仕組み)がある場合はその情報を含む。社内検定等の制度の有無及び内容(ウ)企業における雇用管理に関する状況前年度の月平均所定外労働時間の実績前年度の有給休暇の平均取得日数前年度の育児休業取得対象者数・取得者数(男女別)役員に占める女性の割合及び管理的地位にある者に占める女性の割合

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る