0からはじめる36協定ハンドブック
7/16

36協定ってなに?どのようなことを決めるの?36協定とは、「時間外・休日労働に関する協定」のことです。残業(法定の労働時間を超えて労働)させる場合、または、法定の休日に労働させる場合には、あらかじめ労使で書面による協定を締結し、これを所轄の労働基準監督署長に届け出ることが必要です。解説36協定では、●1日に何時間、月に何時間、年間で何時間まで残業するのか●残業をさせる必要のある業務の種類や労働者の数●延長事由(時間外労働をさせる必要のある具体的事由) …などを労使で協定します。36協定は、就業規則などと同様に、オフィスや作業場の見やすい場所に備えたり、書面で交付したりするなど、労働者に周知することが必要です。(労働基準法第106条)厚生労働省は、36協定を締結するにあたり守らなければならない事項をまとめたリーフレット「時間外労働の限度に関する基準」を発行しています。くわしくは、そちらも参考にしてください。〈参考〉勤務先の36協定を見たことはあるかな?協定 その63サブロク2労働基準法第36条に規定されていることから、通称「36(サブロク)協定」といいます。!http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-4.pdfURL36協定締結36協定届出労働基準監督署労働組合等使用者事業場ごとにゼロからはじめる06

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る