0からはじめる36協定ハンドブック
5/16

働く時間や休憩時間、休日にはきまりがあるの?協定 そのゼロからはじめる働く時間、休憩時間、休日、時間外労働は、法律によって定められています。解説63サブロク1法律で定められている労働時間(法定労働時間)は 原則 1週40時間、1日8時間 です。これを超えて働いた場合、時間外労働となります。働く時間(労働時間)のきまり12休憩時間のきまり1日の労働時間が、6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は60分以上 の休憩が必要です。休憩時間は労働時間の途中で与えられなければいけません。休憩時間は労働者が仕事から離れて、自由に使うことができる時間です。1週間に1日、または4週間を通じて4日の休日(法定休日)が必要です。休日に働いた場合は、休日割増賃金 が支払われます。休日のきまり3!会社が労働者を時間外・休日労働させる場合は、事前に「時間外労働・休日労働に関する協定」を労働基準監督署に届け出る必要があります。時間外に加え、休日、深夜に働かせた場合、割増賃金を支払うことが法律で定められています。時間外労働のきまり割増賃金4くわしくはP.6以降へ割増賃金率時間外労働 25%以上休日労働 35%以上深夜労働(午後10時~翌朝5時) 25%以上さあ、次のページから、いよいよ36(サブロク)協定について解説するよ。!04

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る