0からはじめる36協定ハンドブック
11/16

「過半数労働組合」ってなに?「過半数代表者」ってどうやって選ぶの?協定 その36協定は、使用者(会社)と労働組合などが協議のうえ、締結します。「過半数労働組合」とは、労働者の過半数を組織している労働組合です。この過半数労働組合がない場合には、労働者の過半数を代表する「過半数代表者」が使用者と協定を締結することになります。!解説63サブロク4過半数代表者は、管理監督者(工場長や部長など、労働条件の決定やその他労務管理について、経営者と一体的な立場にある人)を除く労働者のなかから、投票や挙手などの方法によって民主的に選ぶ必要があります。以下の場合、その36協定は無効 になります。●会社が特定の労働者を指名したり、会社が指名した候補者の中から投票を させたりするなど、使用者の意向によって過半数代表者が選出された場合●社員会・親睦会などの代表者が自動的に過半数代表者になった場合労働組合の組合員数が労働者の過半数に達していない場合は、過半数代表者を選出します!労働組合がある場合でも、過半数労働組合でなければだめだよ。厚生労働省の調査では約4割の企業で選挙などの民主的な手続きを行わず、不適切に過半数代表者を選出しているんだって・・・問題だ!ゼロからはじめる労働基準法違反となり、使用者には6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます!10

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る