2016「職場から始めよう運動」取り組み事例集
9/50

反反反応応反反応応反反取取組組組組組組組組若者雇用労働教育広告・宣伝連合本部参考資料9組合加入・処遇改善組合結成▶組合を立ち上げた執行部の勇気に報いるためにも早々に組合加入を呼びかけることが必要。まさに時間との勝負!▶安定した労使関係を構築できるよう、今後とも引き続き組合の支援を行っていく。▶当初、組合結成に対しては否定的。▶しかし、交渉を繰り返す中で労働組合の意義や役割に対する理解が深まる。◉ 今までは不満があっても我慢するしかなかったが、今では過半数組合となり、今後団体交渉を通じて改善を申し入れることができるようになった。◉ 団体交渉の結果、暫定労働協約、チェックオフ協定の締結。◉ 労働組合を通じて仲間意識が強くなった。組合結成による効果UAゼンセン、連合茨城会社▶今まで会社に意見することなどできなかったが、組合をつくることによって自分たちの意見を伝えることができるならば組合に加入する!▶退職することも考えた。しかし、仕事は楽しいので出来るならば辞めたくない。▶(組合をつくると聞いたとき)正直驚いた。会社と争うのが怖かった。▶UAゼンセンが味方についてくれるのは非常に心強い。▶今は自分自身がUAゼンセンから知識を吸収し勉強している最中だが、いずれは組合員全員が同じレベルにまで到達できるようになりたい。正社員組合執行部執行部の皆さん柴委員長 挨拶●組合を立ち上げた後、さまざまな課題が明確になってきた。今後とも良好な労使関係の構築をめざして、がんばりたいと思う。●皆それぞれ仕事自体は好きなので、「皆が笑顔で働ける会社」をつくるために一丸となって会社との交渉を継続していきたい。今後の取り組み正社員、組合執行部、UAゼンセン・連合茨城、会社の声や反応

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る