2016「職場から始めよう運動」取り組み事例集
5/50

取取組組組組組組組組若者雇用労働教育広告・宣伝連合本部参考資料5組合加入・処遇改善組合結成●新組合を結成して今年で3年を迎え、同意率は年々上昇している。しかし、執行部としてはあくまで「未同意者ゼロ」をめざして引き続き加入促進への取り組みを進めていく。今後の取り組み▶私たち有期契約社員はこの会社で長く働けるか不安。幅広い人たちからの困りごと相談にのってほしい。▶育児・子育てをしながら仕事をしているので少しでも私たちの労働条件を引き上げてもらうことに期待している。▶事業所や販売拠点が広域に展開する事情を考慮すれば契約社員に対する働きかけは絶対条件だ!▶正社員だけの組織化ではコネクシオ労働組合は成り立たない。▶この規模の企業ならば労働組合はあって当然。▶従業員、会社双方にとってWin-Winの良好な関係を築いていきたい。[組合加入率(同意率)推移)]◉契約社員(パートナー社員・アソシエイト社員)に対し、「業績特別一時金50,000円支給」(2016闘争)取り組みの効果[総合労働条件闘争の成果]『CNXUnion NEWS』闘争シリーズ⑥(2016年3月29日発行)正社員パートナー社員・アソシエイト社員会社▶ショップ勤務者の場合、シフト勤務のため、説明会を何度も開催しなければならなかった。▶短時間(15分程度)の説明で即加入を求めることはできない。 ▶量販店内の従業員スペースには入れないため、家電量販店勤務者との接触が困難だったが、営業担当者を通じて組合の存在を知ってもらった。組合執行部パートナー社員・アソシエイト社員、組合執行部、正社員、会社の声や反応

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る