2016「職場から始めよう運動」取り組み事例集
46/50

46参考資料要求・取り組みの具体的な内容回答・妥結の具体的内容進捗状況その他(続)「永年勤続表彰制度」を新設継続協議継続協議「結婚休暇」を正職員と同条件要求どおり妥結「私傷病欠勤・休職制度」を正職員と同条件継続協議継続協議「公的資格等奨励金」の支給対象者とすること要求どおり妥結「退職金制度(退職慰労金)」も確立(3単組)退職慰労金制度を獲得(1単組)妥結継続協議嘱託・パート等労働者の時間外労働に対する割増率・適用方法の正規職員・社員との同水準化一部協議単位で同水準化前進あり嘱託・パート等労働者の教育・研修、学習会の正規職員・社員との同水準化一部協議単位で同水準化前進あり嘱託・パート等労働者へのインフルエンザ予防接種費用補助の増額継続協議企業内最賃の引き上げ交渉中「名ばかり事業主」の解消交渉中通勤交通費の支給交渉中60歳以降の就労環境整備進展あり進展あり高齢期に備えた能力開発やライフプラン等の支援策を講じるための労使議論の場の設置進展あり進展あり直接雇用非正規従業員の賃金改善有期雇用契約社員(準社員)については再雇用者に準じて賃金改善実施妥結スタッフ社員の時給・平均2%引き上げ平均2%の時給引き上げ実施妥結パート・アルバイトについて、組合員に準じた賃金改善前進回答なし妥結非正規労働者も組合員の賃金改善を踏まえた対応交渉中2.ワーク・ライフ・バランス社会の実現(時短)に関連する取り組み要求・取り組みの具体的な内容回答・妥結の具体的内容進捗状況所定労働時間短縮所定労働時間の短縮(休日増)105日間の年間休日を6日間増やし、111日間とする。(年間所定労働時間2080時間から48時間の削減、2032時間となった)妥結休暇の改善(生理休暇の有給化)未回答国民の祝日が増えることによる、所定休日を1日増やす妥結有給休暇取得促進に努める前進あり営業利益が黒字を達成したとき、休日増 目標設定前進あり年間休日11日増妥結バースデー休日1日増前進あり所定労働時間 4時間短縮前進あり所定労働時間の短縮(休日増)年間休日3日増妥結山の日分の休日増の要求(7時間40分の削減)継続協議所定労働時間の短縮契約社員の労働時間を1日8時間→7時間45分妥結グループ本社企業組合よりグループ企業の所定労働時間2000時間未満の申し入れ労働時間が2000時間を超えるグループ企業に対し、生産性の向上と労働時間短縮について引き続き取り組むようグループ本社より要望する妥結

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る