2016「職場から始めよう運動」取り組み事例集
34/50

34中学生・高校生への労働教育の出前講座連合沖縄労働教育◦中学生・高校生に生き方や働き方について考えてもらいたい◦働く上で必要なワークルールを知ってもらう機会をつくりたい課題意識概要◦労福協からの要請に基づき、労福協とNPO法人キャリエイトと連携し、中学校でのキャリア教育を実施。◦地域協議会の役員が地域コミュニティの中で、学校と交渉し、高等工業専門学校において出前講座を行う。◦全校生徒を対象に全学年で実施。学年ごとに内容を変えて授業を行う。◦連合役員も「労働組合について」「今の仕事に就いたきっかけ」「働くとは何か」についての授業を行う。◦知って帳を活用し、ワークルールについての授業を行う。◦労働組合の必要性について伝える。今後の取り組み◦予算も人員も限られており、今後の継続も含めて課題はあるが、労福協などと協力して取り組みを進めていく。◦役員の強い気持ちが大事!中学校での授業風景沖縄高専での出前講座の様子◦◦◦◦工夫効果経 過中学生高校生

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る