有期労働契約 Handbook
7/8

社会保険の適用対象の拡大 2016年10月から、厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入対象者が拡大されました。 これまでは、一般的に週30時間以上働く方が対象でしたが、従業員501人以上の企業で、週20時間以上働く方なども対象になります。 また2017年4月からは、500人以下の企業も労使の合意に基づき、企業単位で短時間労働者への適用拡大が可能となります。※ 社会保険が適用されるかどうかの判断は、厳密に要件に該当しているかではなく、実態を見て判断されることに留意が必要です。 例えば、労働時間については、所定労働時間(就業規則、雇用契約書等により通常の週に勤務すべきこととされている時間)で基本的には判断されますが、実際に、直近2カ月の労働時間が基準を満たしており、今後も同様の状態が続くことが見込まれる場合は、労働時間の基準を満たしているものとして取り扱われることがあります。 年金に関して詳しくは、年金機構・年金事務所にお問い合わせください。 なお、適用拡大により新たに厚生年金保険や健康保険に加入する場合の手続きは、基本的に、ご自身の勤め先の企業を通じて行うことになります。ただ、それまで加入していた国民健康保険や配偶者の健康保険の資格喪失などは、別途ご自身で行う必要がありますので、ご注意ください。33  Point 1週間の所定労働時間および1カ月間の労働日数が同一の事業所に使用される通常の労働者の4分の3以上(週30時間以上)2016年10月からの社会保険・適用要件週20時間以上月額賃金8.8万円以上勤務期間1年以上見込み学生は適用除外被保険者である従業員501人以上の企業等 ※(適用拡大前の基準で適用対象となる労働者の数で算定)123456

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る