連合ニュース 2018年

 
2018年12月06日
連合フォーラム政策勉強会ー児童虐待のない社会の実現ー(第2回)を開催
子どものために、虐待後の保護者の回復支援と施設のソーシャルワーカーの育成を
 連合は12月5日、連合フォーラム政策勉強会ー児童虐待のない社会の実現ー(第2回)を衆議院議員会館で開催し、連合フォーラム議員他あわせて70名が参加した。
 

 勉強会では、一般社団法人MY TREEプログラムの森田ゆり代表理事と児童養護施設 一陽の村中雄士地域交流室長に、児童虐待に至った保護者の回復支援や児童養護施設の課題や展望等についてご講演いただいた。

 講演後議員からは、児童虐待に至った要因を調査する必要性やソーシャルワークの力を備えた人材の育成をどう取り組むべきか、低年齢の児童を施設に入所させるべきか、体罰を禁止するような法整備をすべきなど、活発な意見交換が行われた。

 連合は、児童虐待のない社会の実現にむけて、今後も取り組みをすすめていく。

  • 森田代表理事と村中地域交流室長
  • 意見交換の様子