連合ニュース 2018年

 
2018年06月07日
中小企業家同友会全国協議会との意見交換会を開催
相原事務局長(右)と広浜会長
 連合は、6月5日、参議院議員会館で中小企業家同友会全国協議会(以降、中同協)との第5回意見交換会を開催し、「中小企業憲章の取組み」「中小企業における取引の適正化」「健全な労使関係の確立」について意見交換を行いました。

 冒頭、連合の相原事務局長は「意見交換会は今年で5回目を迎え継続的な話し合いの場を設けていただいていることに感謝し、今後とも引き続き両組織の発展のために意見交換ができればと思います。これまでの意見交換会では、両組織の活動とその進め方や現状、労使関係の重要性に関する意見交換を行ってきました。さらには、都道府県単位で草の根レベルのパートナーシップをどのように育んでいくのかなどについて意見交換を行ったところであります。中同協の経営理念と連合の目指す運動理念には共通するところが多く共に歩んで行ける関係だと思っています。
 一方で国会での「働き方改革」法案の審議が加速しつつあります。働く者の将来に大きく影響を及ぼす案件であることから、大変重要な国会であると認識しています。人材に視点をうつしてみますと、企業基盤を支える人材獲得が困難な状況にあります。したがいまして、職場の安全確保をしながらやりがいのある職場にするということは企業の枠を超えて対処することが重要なポイントであるということをお互いに共有できればと思います。
 労働条件改定において「春季生活闘争」を「底上げ春闘」と名づけて取り組みをすすめ、構造転換が相当程度進んだことから、今まで出来なかったことが出来るようになってきました。中小が大手の水準を超えてはならないという不文律があったとすればそれを打ち破れていると思っています。さらに、春闘に参加する企業労使が増えていること、早期に決着できていることなど今まで当たり前と捉えていたことがかなり転換されています。引き続き、全体の底上げに繋げる結果を求めてこの動きは加速させていきたいと考えています。
 最後に、中央での意見交換会も大事でありますが、地域レベルの活性化を中小企業を核としてどのように前に進めていくのかも大変重要なテーマであり、連合として力を入れています。「地域フォーラム」「格差是正フォーラム」など様々なプラットホームのもとで地域における地方同友会の皆さんと協力して進めていきたいと考えております。」と述べました。

 一方、中同協の広浜会長からは、「意見交換会には1回目から幹事長として参加しており、この意見交換会の主旨は理解しておりますが、この意見交換会の始まりは、私どものバイブル的存在である「人を生かす経営」通称「労使見解」にあると認識しています。そこに書かれているのは「経営者の責任」「対等な労使関係」と続いていますが、基本は働いている方々の持っている素晴らしいものを、一番いい形で発揮できる会社を作っていこうではないかということであります。私たち自身はそれを目指して生産性を上げながら労働環境の改善をすすめていき、より良い社会をつくろうと思っています。一方で、労働者の皆さんも要求するだけではなく自助努力で頑張らないといけないという共通認識を持っていただかなければいけないと思っています。その点で、連合からそのような働きかけをしていただけていることは大変ありがたく、意義があることだと当初から感じていますが、実はそれだけではないと思っています。それは、中小企業の労使双方の共通課題として、経営者だけが頑張っても報われない経営環境があり、労使双方が協力して改善する必要があることを連合の皆さんとの意見交換会の中で認識しました。経営者が個々に動くだけではなく組織として働きかけをすることに大きな意義があると感じています。具体的には、取引において価格決定権を持っている中小企業はごく少数です。そのような現状を連合の力を借りながら社会全体を変えていくことが必要だと思っています。その意味でもこの意見交換会がますます有意義なものになってきていると強く感じています。」と述べました。

 意見交換では、中小企業憲章の取組みと地域における具体化策としての振興基本条例の広がり、地域と中小企業の発展は不可欠であること。取引慣行で自社の中だけでは解決できない問題、中小企業の就業規則のありかたや36協定の重要性について意見交換を行い、全体を通して共通認識を共有しました。

 まとめにおいて、中同協 中山幹事長より「連合の組織的な関わりを具体的に議論しているとの報告に大変うれしく思います。共に連携して取り組んでこそ価値が高まると思っています。喫緊の問題として人材不足、地域における諸問題。そして地域に若者を残すために地域をあげた教育にも我々が関わっていく必要があると考えます。その点で、連合と共に推進できればと思います。」と締めくくりました。
  • 中同協 広浜会長
  • 連合 相原事務局長
  • 参加者一同